【地球にも限界がある】気候変動の仕組みを食べ物目線で解説

食物とおカネ

ここでは『人新世の「資本論」』から、プラネタリーバウンダリーを考えています。

こちらもご参照ください

プラネタリー・バウンダリー = 地球の限界

環境学者 ヨハン・ロックストロームが2009年にこの考え方を提案しました。

地球システムには、自然本来の回復力(レジリエンス)が備わっている。だが、一定以上の負荷がかかると、その回復力は失われ、極地の氷床の融解や野生動物の大量絶滅など急激かつ不可逆的な、破壊的変化を引き起こす可能性がある。これが「臨界点(ティッピング・ポイント)である。もちろん、臨界点を超えてしまうことは、人類にとっても非常に危険である。

人新世の「資本論」 p62

南極や北極の氷は降り積もった雪が、更に降り積もった雪に押されて出来上がりました。南極の氷の厚さは3000m以上、出来上がるのに72万年かかっている、とも言われています。これがとけてしまうと、とけた分の新しい氷ができるまでに、人だと何世代かかるでしょう。

野生動物にも同じことが言えます。

数億年にわたり進化してきた野生動物。お互い自然の大きな循環の一部として生きています。人の都合で自然を破壊すると、人には予測できない変化が起きます。

日本にはオオカミがいました。家畜を襲うので人が皆殺しにしました。すると、シカやイノシシが増えました。人が育てた作物を食べ、若木を食べ、冬になると飢えのため木の皮を食べています。

畑にお金をかけて網を張っても、すぐイノシシに破られます。森では、皮や芽を食われた若い木が枯れ、森が育ちません。人の都合でしたことが、人に返ってきたのです。

こういうことが世界中で起こっています。

臨界点(ティッピングポイント)

ロックストームは9つの項目で限界点を計算しています。その9項目は

  1. 気候変動
  2. 新規化学物質
  3. 成層圏オゾンの破壊
  4. 大気エアロゾルの負荷
  5. 海洋酸性化
  6. 生物地球化学的循環(窒素、リン)
  7. 淡水利用
  8. 土地利用変化
  9. 生物圏の一体化(生態系機能の消失、絶滅の速度)

です。

その中でも、

1.気候変動
6.生物地球科学的循環(窒素、リン)
8.土地利用変化
9.生物圏の一体化(生態系機能の消失、絶滅の速度)

は、地球の限界の領域内(安全)を超えてしまったと指摘しています。境界を超えると、「臨界点(ティッピングポイント)」急激で不可逆な変化が起きて以前の状態に戻れなくなる地点に、限りなく近くなります。

限界を超えると

気候変動

昔の夏はこんなに暑くなかった。昔の冬はもっと寒かった。

こんなセリフをよく聞きます。

統計上1~2度の変化かもしれませんが、実際はこれ以上の変化を感じます。1978年、北海道妹背牛町では-41.2℃になりました(非公式)。40年ぐらい前の話が日本昔話のようです。

ゲリラ豪雨、熱中症、猛暑日、短くなった春と秋。天気が極端になっています

特に、雨。激しく降ると栄養豊富な土が流されます。これだけで 6.生物地球科学的循環 7.淡水利用 8.土地利用変化 に引っ掛かります。地球上のすべてのモノはお互いにかかわりあって循環しているのです。

生物地球化学的循環(窒素、リン)

ハーバー・ボッシュ法 偉大です

窒素は空気中にたくさんありますが、問題なのは液体、個体の窒素です。

よく知られている窒素酸化物(NOx)。これはNO、NO2、など、窒素と酸素が数個つながった形をしています。空気中にたくさんあると喘息光化学スモッグの一因になります。雨に溶けると酸性雨になります。

ハーバーさんとボッシュさんが空気中窒素でアンモニア(NH3)を作る方法を見つけ、化学肥料をつくり畑にまきました。それが問題を起こしています。

人間の活動が自然循環を乱しているのです。


リンはリン鉱石という形で自然中にあります。これをどんどん掘り返して化学肥料にしています。

例えば、日本は食べ物をたくさん輸入しています。食べ物には窒素、リンが含まれます。食べられれば私たちの排泄物になります。食べられなければ捨てられます。最終的に川や海に流れ出ます。

今、日本の河川、湖沼、海は富栄養化が進んでいます。リンが多すぎて、うまく循環できないのです。

しかし、一方では人が排水を処理しすぎて貧栄養化が進んでいる地域もあります。

瀬戸内きれいになりすぎ
 ノリの養殖などに必要な栄養分を増やすため、工場や家庭からの排水規制を緩和する改正瀬戸内海環境保全特別措置法(瀬戸内法)が3日、国会で可決、成立した。これまで汚染物質である栄養塩(窒素、リン)の排出を減らしてきたが、海水がきれいになりすぎて生き物の栄養が不足してきたため、管理しながら流せるよう方針転換する。

2021年6月4日 朝日新聞朝刊 p4

これも、人が手を加えたために、うまく循環できなくなった一例です。

土地利用変化

「土壌」とは、岩の分解したものと死んだ動植物が混ざったもの

土 地球最後のナゾ 藤井 一至 光文社新書(2018) p19

土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて (光文社新書) [ 藤井一至 ]
土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて (光文社新書) | 藤井 一至 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで藤井 一至の土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて (光文社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。藤井 一至作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また土 地球最後のナゾ 100億人を養う土壌を求めて (光文社新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

という決まりがあります。

火山がたくさんあり雨がよく降る日本では、川によって岩石が細かくなり植物がよく育つので、新しい土壌ができる条件が整っています。

しかし、アフリカなどは火山活動も活発ではなく、雨もあまり降らないので、新しい土壌がなかなかできません。その上、風が吹くと少ない土壌も飛ばされてしまいます。

緑が多く生命力あふれるジャングル。そこの土はオキシソルと呼ばれる痩せた土です。その上にちょっとだけ植物が腐った栄養豊富な土壌が乗っています。それがジャングルで循環しているのです

だから、切り開いても栄養がなくなってすぐ使えなくなります。使えないから、次のジャングルを燃やして作物を育てて、、、そうしてジャングルがなくなります。

ジャングルはたくさんの二酸化炭素を吸って酸素を作ってくれています。人間は、そのジャングルを減らしているのです。

結局人間が困るのです。

生物圏の一体化(生態系機能の消失、絶滅の速度)

ハチも突然いなくなる

1960年代以降、世界中の人々がみな同じようなものを食べ始めました。どこでも同じ味のハンバーガー、清涼飲料水、スナック類。

世界には食用可能な作物が約7000種類あるが、私たちが口にするものの95パーセントは、わずか30種類の作物だけで出来ている。

「食べる」が変わる 「食べる」を変える ビー・ウィルソン 原書房(2020)p47

「食べる」が変わる 「食べる」を変える 豊かな食に殺されないための普通の方法 [ ビー・ウィルソン ]
「食べる」が変わる 「食べる」を変える:豊かな食に殺されないための普通の方法 | ビー・ウィルソン, 堤 理華 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでビー・ウィルソン, 堤 理華の「食べる」が変わる 「食べる」を変える:豊かな食に殺されないための普通の方法。アマゾンならポイント還元本が多数。ビー・ウィルソン, 堤 理華作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「食べる」が変わる 「食べる」を変える:豊かな食に殺されないための普通の方法もアマゾン...

メキシコでは遺伝子組み換え労もろこしが流入して、遺伝的多様性の脅威になっています。

日本では

江戸時代には約二百種類と言われるほど、各地に多様な大根があった。

タネが危ない 野口 勲 日本経済出版社(2011) p76

タネが危ない [ 野口勲 ]
タネが危ない | 野口 勲 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで野口 勲のタネが危ない。アマゾンならポイント還元本が多数。野口 勲作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またタネが危ないもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

今は一代雑種(F1)ばかりです。F1からはまともな種が取れません。地球全体で単一作物栽培をしているのです。そうなると、ちょっとした気候の変化で一つの病気が大流行し、壊滅的打撃を受けます。

”ブラジルのコーヒー豆”と同じことが起きます。

病気が出ないように農薬をまき、化学肥料で栄養を補います。そのため窒素、リンの富栄養化が進み、、、悪循環に陥ります。

人間(資本主義)が自分の都合だけを考え身勝手なことを行ったため、一部の循環が機能しなくなり、結局自分の首を絞めているのです。

・・・・・・・・

次はコチラ



___________________

コメント

タイトルとURLをコピーしました