【素朴な疑問】そもそも、プラスチックってなに?

プラと生活 

プラスチックの生い立ち

100年以上の歴史がある

プラスチックは19世紀には発見されていましたが、開発が進んだのは第二次世界大戦時です。「潜水艦が沈まないように軽量防水したい」「原爆を作るために、化学的に安定なモノが欲しい」など、利用目的がたくさんありました。

終戦後、その技術を応用して日用品が作られるようになりました。そこら辺は化学農薬、化学肥料と流れは一緒です。

戦争で使った技術を、応用させたのです。

何から作るの?

プラスチックは石油からつくられます。石油には色んな油が混じっています。その中から同じ構造のモノを集め、真珠の首飾りのように繋げていくとプラスチックの原材料ができます。

「硬くしたい」「柔らかくしたい」など、目的があるときは、試験的に色んな化学物質(添加剤)を混ぜ、トライ&エラーを繰り返します。そうして、新しい物質を作り出します。

添加剤の種類

  • 酸化防止剤(酸素と反応してボロボロにならないように)
  • NOx黄変防止剤(ライトのプラスチック部分が黄色になるのを防ぐ)
  • 触媒(化学反応を手助けしてくれる)
  • 難燃剤(プラスチックを燃えづらくする)

こういう目的のために色々な化学物質が添加されます。

プラスチックも問題だけど、添加剤も問題

添加剤の一例をあげます。

  • ジカルボン酸(テレフタル酸、イソフタル酸など フタル酸エステル類とも呼ばれる)
  • ビスフェノール類(ビスフェノールAが有名。たくさん種類がある)
  • MBOCA(MOCAとも呼ばれる)

ジカルボン酸は胎児、乳幼児に影響がある(特に、ホルモンのように働き、体の中で色々紛らわしい働きをする)といわれています。

2005年、ロチェスター大学のシャナ・スワン博士が発表した記念碑的な研究をきっかけに、フタル酸エステル類化学物質は一躍世間の注目を(少なくとも研究者や化学業界の注目を)集めることになった。

フタル酸エステルに触れた母親から生まれた男児に「脱男性化」あるいは「女性化」とも言うべきショッキングな現象が観察されたという。

プラスチック・フリー生活 シャンタル・プラモンドン ジェイ・シンハ 著(2019)p54  ※太字はサイト管理者による
プラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命 | シャンタル・プラモンドン, ジェイ・シンハ, 服部 雄一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでシャンタル・プラモンドン, ジェイ・シンハ, 服部 雄一郎のプラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命。アマゾンならポイント還元本が多数。シャンタル・プラモンドン, ジェイ・シンハ, 服部 雄一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またプラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命もアマ...

フタル酸エステル類を含有するポリ塩化ビニルに関し、以下の趣旨を器具及び容器包装の規格基準に規定することが適当である。

「油脂、脂肪性食品を含有する食品の器具及び容器包装には、フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)を含有するポリ塩化ビニルを主成分とする合成樹脂を使用してはならない。ただし、フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)が溶出又は浸出して食品に混和するおそれのない場合はこの限りでない。」

平成13年7月27日付厚生労働省発食第181号 より   ※太字はサイト管理者による


ビスフェノールAは環境ホルモンとして2008年頃からよく知られるようになりました。

一方、ビスフェノールAについては、近年、動物の胎児や産仔に対し、これまでの毒性試験では有害な影響が認められなかった量より、極めて低い用量の投与により影響が認められたことが報告されたことから、妊娠されている方(これらの方の胎児)や乳幼児がこの物質を摂取すると影響があるのではないかという懸念が持たれています。

厚生労働省HPより  2021年5月引用    ※太字はサイト管理者による


MBOCAは国際がん研究機関で、人に対して発がん性がある「グループ1」になっています。

厚生労働省は、本日、(一社)日本化学工業協会や化成品工業協会など計4団体に対して、「3,3’-ジクロロ-4,4’-ジアミノジフェニルメタン」(MOCA)※1について、1 法令に基づくばく露防止措置等の徹底、2 膀胱がんに関する検査の実施などを要請しました。

厚生労働省HPより  2021年5月引用    ※太字はサイト管理者による

はっきり問題になると法律で規制されるが……

「吸ってすぐ気を失う」「近所の人に同じ症状が出る」などの症状があれば、原因の化学物質がすぐ特定できるのですが、そうではない場合がとても多いのです。

プラスチックに関しても同じ。

生物、人間にも個体間で感受性に差があります。同じ遺伝子を持つきょうだいでも、アレルギーが出たり出なかったりします。

日本の司法的な問題(民事訴訟では訴える側が因果関係を証明しなければならない)もあり、プラスチックの問題をはっきり立証できずにここまで来てしまいました。

今、将来を見据えて問題提起する人がたくさんいる

1960年代からプラスチックが一般的に、安価に、世界的に使われ始めました。その影響で、今、地球にはプラスチックがない場所がありません。南極にも、深海にも、空気中にも大小さまざまなプラスチックが漂っています。

また、マイクロより小さいナノプラスチックの存在、問題が明らかになりました。




プラスチックは捨てられるとどのような問題を引き起こすと考えられているのか、下のサイトで参考文献とともにご紹介します。




________

コメント

タイトルとURLをコピーしました