プラスチックにはこんな問題があります!【化学編】 

プラと生活 

プラスチックの歴史などは、下のサイトでご説明しています。

結構な黒歴史を持つ「プラスチック」

広く使われ始めて半世紀。実はもっとすごい影響があることが分かってきました…

プラスチックの化学的な問題点

プラスチックを作る際、色々な機能を持たせるために使う添加剤が問題の一つです。作りたての時には問題がなくても

  1. 太陽光でボロボロになり添加剤が出てくる
  2. こする、噛む、割れるなどの刺激で添加剤が出てくる
  3. 油の容器に使われると、その油によって添加剤が抽出される

などの影響があります。特に3.は消費者にはどうしようもありません。なので、厚生労働省から以下のような発表がされるのです。

「油脂、脂肪性食品を含有する食品の器具及び容器包装には、フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)を含有するポリ塩化ビニルを主成分とする合成樹脂を使用してはならない。ただし、フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)が溶出又は浸出して食品に混和するおそれのない場合はこの限りでない。

平成13年7月27日付厚生労働省発食第181号 より

「プラスチック容器の中」「人の口の中」で添加剤を抽出しないように、ということなのです。

プラスチックは油に似た性質のものをくっつけて漂う

プラスチックは油からできているので、油に似た性質のものと仲良くなります。簡単にくっついて、そのまま漂います。では、海洋中にある「油に似た性質のもの」とは何でしょうか。

DDT:ジクロロジフェニルトリクロロエタン 有機塩素系農薬。戦後まもなく日本中で撒かれた白い粉。自然界ではなかなか分解しない。

PCB’s:ポリ塩化ビフェニール類 ダイオキシンの一種。カネミ油症事件の原因物質。自然界ではなかなか分解しない。

代表的な二つの物質をあげました。この二つの化学物質には共通点があります。

  • 人が作った。
  • 油と仲良くなる。
  • 最初は便利だからたくさん使われたが、害があるので今では使えない(除外あり)。
  • 自然界ではなかなか分解しない。
プラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命 | シャンタル・プラモンドン, ジェイ・シンハ, 服部 雄一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでシャンタル・プラモンドン, ジェイ・シンハ, 服部 雄一郎のプラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命。アマゾンならポイント還元本が多数。シャンタル・プラモンドン, ジェイ・シンハ, 服部 雄一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またプラスチック・フリー生活 今すぐできる小さな革命もアマ...

化学物質がどれだけ環境に悪影響を与えるか、書いてあります。

沈黙の春(新潮文庫) | レイチェル・カーソン, 青樹 簗一 | 科学・テクノロジー | Kindleストア | Amazon
Amazonでレイチェル・カーソン, 青樹 簗一の沈黙の春(新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

化学物質が自然界に与える影響が事細かに書いてあります 1950年代の話に思えません。

こういうものと一緒になったプラスチックが「水中」「大気中」をさまようのです。

つまり、プラスチックも付着物も人の都合で作られたもの

循環しないものは溜まっていく。地球の便秘状態

人が作った毒が自然界に広がる

DDT、PCB’sは、我々の生活を便利にしてくれた人工的な物質で、油とくっつく性質があります。

最初はたくさん使っていたのですが、健康被害が明らかになりました。製造会社の手に負えないぐらい被害が拡大しました。

被害者の声が大きくなり、政府が法律などで制限をかけます。しかし、規制をかけるのには時間がかかります。その間も化学物質は海に流れ、風に飛ばされ拡散しつづけます。

プラスチックと出会い、一緒になる

拡散した化学物質は、マイクロプラスチックに出会いました。お互い油のような性質を持つので、すぐ仲良くなれます。

そんなマイクロプラスチックは、キラキラしたり、美味しそうな匂いがすることも。野生動物にとっては食べ物に見えることがあるのです。

食べられたプラスチックは、食物連鎖に組み込まれます。小さい生き物が食べ、中くらいの生き物が食べ…最終的には我々の食卓に上がります。

そうして、私たちの食卓へ~

この流れ、すべてが問題になっています。

日本の沿岸では、海水1リットルあたりで数百ピコグラムのPCB濃度が検出されます。

海洋プラスチックごみ問題の真実 マイクロプラスチックの実態と未来予測 磯部篤彦 著(2020)P59
海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書) | 磯辺 篤彦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで磯辺 篤彦の海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。磯辺 篤彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)もアマゾン配送商品...

人間の経済活動が、自然を毒まみれにしてしまったのです。

けどそれって人が作ったんだから、人がどうにかすべきでは?

地球上のモノは、すべて循環しています。地上の循環に組み込まれないものは地下に埋もれていきます。そこで最終的には微生物が作用して、少しずつ変化しながら、ゆっくり循環していきます

では、人が作ったモノはどうでしょうか。

いつかはDDTもPCB’sもプラスチックも分解されるでしょう。けれども、想像できないぐらい長い時間がかかります。

人間が、自然界の循環速度を乱しているのです。

プラスチック、体内ではどんな問題があるの?

プラスチックは消化されないので、野生生物の胃袋に溜まるものもたくさんあります。小さいプラスチックは細胞に入っていると言われています。

そういう、プラスチックの物理的な問題がいろいろ分かってきました。今度は物理的問題を、参考文献とともにご紹介します。




コメント

タイトルとURLをコピーしました