量り売り店を利用するために必要なこと「ビンをきれいにしよう!」

refell bottleプラと生活 

脱プラ、無駄を省く、ごみを減らす…こんな選択をする人が増えた結果、「量り売り店」が増えてきました。

それ自体は喜ばしいのですが、気になるのは「衛生面」

特にお店は、「持参容器が汚くて、結果として健康被害が出たらどうしよう……」こう考えてしまうのが当然です。そんなお店が「量り売りだけど、うちのビンを毎回購入して下さい」と言っても、強く否定はできません。

けれども、それでは無駄が減りません。では、どうすればいいのでしょう。私たちが持参する容器がピッカピカであれば、そんな心配も減ると思いませんか?

量り売り店に容器を持参する場合は、ぜひキレイに洗って乾かしましょう。けれども、ガラスビンはなかなか乾いてくれません。汚れると、きれいにするのも大変です。

そこで今回は、「ガラスビンをキレイに乾かす方法」「家庭でできる洗浄方法」をご紹介します。



ビンにも脱プラを!

酒類の場合、ガラスが便利

まず、お酒の量り売りの場合は、ガラス瓶が便利です。

この焼酎ビン、フタは木とコルク製。コルク部分がむき出しではなく、プラスチックコーティングされています。使われているプラスチックは、インクとこれだけです。

じゃがいも焼酎をおいしく飲んだ後は、量り売りに利用しましょう。

note ご指定のページが見つかりません

このビンは、フタがプラスチック製です。ただ、お酒には直接触れていません。何度も使うことによって、資源の無駄を省けます。




ガラスビンは、アルコールの殺菌作用で、普通はかびません。ただ、お酒を入れっぱなしにしてアルコール分が低くなると、色々問題が起こることがあります。

しょう油の量り売りは「コンプラ瓶」

これは、堀河屋野村のコンプラ瓶です。しょう油の量り売りに使っています。

【特選】コンプラ瓶 900ml 1本(ギフト包装/化粧箱入)
【特選】コンプラ瓶 900ml 1本(化粧箱入・ギフト包装済)コンプラ瓶(波佐見焼)入りの特選三ツ星醤油です。三ツ星醤油は、大豆を薪炊きし、「手麹」と呼ばれる古式製法で、ふた夏かけて醸した天然醸造の濃…

このビンは、中身を循環させるのが、長持ちさせる秘訣です。

ビンにしょう油由来の菌が住み着いているので、そんなに洗う必要はありません。使い終わったらさっとすすぎ、ひっくり返して水気を切り、すぐに量り売り店で補填してもらいましょう。

ガラスビンをキレイに乾かす方法

キレイに乾かす

一番大変なのが、「きれいに乾かす」こと。入り口が狭いビンは、どうしても乾きにくいのです。

こんな時、おすすめするのが、「アルコールで水分を飛ばす方法」。どうすればよいのか詳しくご紹介します。

お湯でビンをすすぐ

お酒のビンを水ですすいだ後、一番最後は、お湯ですすいでください。ビンを温めることによって汚れが落ちます。そして、この後の作業がしやすくなるのです。

消毒用エタノールで水分を飛ばす

用意するものは、「消毒用エタノール」。今なら、皆さん持っているかもしれませんね。

このアルコールは飲めません。飲めないように、純粋なエタノールに、ちょっとだけ「イソプロパノール」が入っています。

ビン中の水分はすべて蒸発するので、私は使っても問題ないと思っています。ただ、「イソプロパノールが残っていたらどうしよう……」と気になる方は、水洗いした後、ひたすら温めて乾燥させてください。

あと、いろんな香りがついているアルコールは使わないでくださいね。

ビンにアルコールを少しだけ入れて、内部を全体的に濡らします。そしたら、アルコールは捨ててOKです。

この作業で水とアルコールが一緒になり、カンタンに蒸発してくれるのです。

ひっくり返して日に当てる

ひっくり返すと、余分な水分が落ちてきます。こんな感じで、大体の水分を出してしまいます。

そのとき、ビンの口をべったり布につけないのがコツ。少し隙間を開けると、アルコールがそこから飛んでいきます。

温めた方が早く乾くので、天気が良ければ窓側、冬なら暖房器具の前に置きます。なお、最初にお湯でビンをすすぐと、この時にアルコールが飛びやすくなるのです。

それでもダメなら、ドライヤー

どうしても乾かないときはドライヤーを使います。

口から暖かい空気を入れてもいいし、上手に入らないときは、ビンを外から温めても大丈夫です。

すぐお酒を入れてもらおう

ビンを乾かしたら、できるだけ早く量り売り店に行って、お酒を入れてもらいましょう。

きれいに見えても、お酒の成分が必ずビンに残っています。そして完全に乾ききるには何日もかかります。水分が残っていると、すぐかびてしまいますよ。

家庭でできる洗浄方法

出来るだけ早く使い切るのが大切

ビンをきれいに保つためには、「雑菌を増やさない」「ビンを汚さない」この2つが重要なポイントです。そのためには、できるだけ早く使い切るのが、何より大切。

しょう油を使いきれないときは、いつも使う調味料を見直すことをおすすめします。

たとえば、冷蔵庫を見ると、「ドレッシング」「たれ」「つゆ」「ポン酢」などが入っていませんか?これには大体しょう油が使われています。

素材の味を生かしたければ、味付けは塩、しょう油で十分。サラダを食べているのではなく、ドレッシングを食べていませんか?豆腐も、本当は豆の味がするのですよ。

素材を厳選し、しょう油や塩をメインで使うと、しょう油はすぐ消費できます。

こうやって、まずは酒やしょう油を早く循環させる環境を作るのも大切です。

ちなみに、塩も種類が豊富。詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。



ブラシでこする

どうしても汚れがついてしまったら、ブラシでこするのが一番です。

ただ、口が狭いので市販のブラシは入りません。そこでおすすめなのが、このブラシ。

一番小さいブラシだけナイロン製ですが、あとは豚毛です。柄の長さが、Lでも23cmなので、短いと思う方は、コチラのブラシが良いかもしれません。

YATSUYA 試験管ブラシ 46560
試験管やケトルの注ぎ口等の洗浄に。

こちらはヤギ毛、柄が30cmです。

これら2つのブラシは、柄がステンレス製なので、自由自在に曲げることができます。理科の授業で試験管を洗う時に使った覚えはありませんか?それと同じ作りです。学校、研究機関でも使われていますから、丈夫で長持ち。変な成分が出てくる心配もありません。


実は、研究機関と同じ方法

そして、初めに紹介した「アルコールで水分を飛ばす方法」。実は、研究機関では一般的な方法なのです。研究機関では、ガラス器具を超音波洗浄機で洗った後、イオン交換水ですすぎます。そのあと、有機成分を落とし、ムラなく乾かすために、アセトンですすぎます。

ただ、一般家庭でアセトンは扱えないので、不純物が極力入っていない「消毒用エタノール」で代用しました。研究機関のように超音波洗浄機を使えば、汚れはきれいに落ちます。焼肉店、メガネ店で見かける機会がありますよね。

GTSONIC 超音波洗浄機 業務用 小型 超音波洗浄器 R3 3L 100W 40kHz 眼鏡 腕時計 メガネ 超音波 洗浄機 デジタル 加熱 脱気 超音波 クリーナー
GTSONIC 超音波洗浄機 業務用 小型 超音波洗浄器 R3 3L 100W 40kHz 眼鏡 腕時計 メガネ 超音波 洗浄機 デジタル 加熱 脱気 超音波 クリーナー

ただ、「一升瓶が入るモノ」となると……それだけのために買いますか?それこそ無駄になってしまいます。

なので、

  • 汚れないように使いまわす
  • 汚れてしまったらブラシでこする

これが現実的で無駄のない方法だと思います。


脱プラを生活の一部に

色々と手間がかかる「量り売り」。けれども、使い捨てが気候危機を後押しするのも事実です。おいしい野菜、肉や魚を買って、楽しく調理するのが、「自分の健康」「地球環境」にとって健全なのかもしれませんよ。

そんな生活を楽しみつつ、量り売りを生活の中に組み込んでみてください。今はプラスチック容器に入っている食品ばかりですが、そのうち量り売りが主流になれば、もっと便利なリユース容器ができるかもしれません。

私たち一人ひとりの行動が、気候危機のカギになるのです。




_____

コメント

タイトルとURLをコピーしました