【製造元でも売り切れ?】まぼろしのしょうゆを発見!

しょう油「農家の雫」本物の食物

しょうゆはどれも一緒だと思っていませんか?実は、全く違うんです。

伝統的な調味料、調べれば調べるほど作り方が様々で奥が深い…しょうゆもそんな調味料のひとつです。

「発酵文化人類学」を読んで、昔からの作り方にとことんこだわったしょうゆを食べてみたくなりました。

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ (角川文庫) | 小倉 ヒラク |本 | 通販 | Amazon
Amazonで小倉 ヒラクの発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。小倉 ヒラク作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

そして巡り合ったしょうゆ「農家の雫」。そのこだわり、素晴らしさをご紹介します。


偶然めぐり合った「農家の雫」

このしょうゆ、実はたまたま買えただけなのです。

農家の雫 末廣醤油

ネットショップでも売り切れ続出「農家の雫」
マボロシの醤油です。

製造元の末廣醬油でも現在販売されていません。

末廣醬油さんのこだわり

詳しくはHPを見て頂きたいのですが、簡単に説明します。

自然との調和を大切にしている

醤油造りに最も適した気候、そして「水」・・・私どもはこれらの恩恵に感謝しつつ、その自然と「水」を最大限に生かせる伝統的な製法で醤油造りを行っています。

末廣醬油 HPより  2021/10/9引用

ふさわしい場所にあるという自負。こういうものはおいしくて安心安全。油で実感しています。

自分たちで仕込んでいる 

新しい技術や知識を取り入れながらも「変えてはならないもの」、「守り伝えるべきもの」が何なのかをしっかり胸に刻み込んで、毎日醤油造りに励んでいます。

末廣醬油 HPより  2021/10/9引用

難しい取捨選択の先に、現在まで続くしょうゆがあるのです。

蔵を持っている

「蔵住み酵母」が私どもの醤油の変わらぬ味を支えてくれています。私どもが伝統の中で与えられたかけがえのない財産のひとつです。

末廣醬油 HPより  2021/10/9引用

実は、自社蔵を持つしょうゆ屋さんは珍しいのです。

大手企業は全て自前ですが、中小企業はみんなで「もろみ」を作ります。このもろみに自社で工夫を加え、しょうゆに仕立て小売りしています。

末廣醬油さんは蔵を持っていて、一から自社で仕込んでいます。やはり、自分たちの蔵だと思い入れが違うと思うのです。


まずは、そのまま味見

そのまま味見しました。全く角がない味。まろやかな甘みを感じます。後を引くふくよかな味。けど、しつこくありません。

化学調味料には舌にまとわりつく刺激を感じるのですが、そういうのが全くありません。簡単に言うと、すごくおいしいです。

農家の雫はないけれど

農家の雫以外の醤油は 末廣醬油のオンラインショップで購入できます。Amazon、楽天などでは取り扱いがありません。(2021年10月現在)

ポン酢などもあります。興味のある方は、ちょっと覗いてみてはいかがでしょうか。


どうしても農家の雫が欲しい方は

まるしん豆富店さんに問い合わせてください。まだあるかもしれません。






今後も美味しい調味料を見つけ次第、皆さんにご紹介します!




コメント

タイトルとURLをコピーしました