【まとめ】Googleにブログを発見してもらうために必要なこと

ブログ作り

今は、だれでも気軽にブログを書いて発信できます。

けれども、「検索して表示されるか」「クリックしてもらえるか」となると、それは別な話。

世界で最も使われている検索サイトはGoogleです。だからまず、Googleにブログを発見してもらい、「検索結果の上位に表示したい」と思われる必要があります。

そのためには、Googleが検索エンジン最適化(SEO)に関して考えていることを、詳しく知らなければいけません。

ちなみに、このブログもいろいろと対策を練っています。どんな対策を取ったか、詳しくご紹介します。


_____

Googleが大切にしている事

まず、Googleがどういう考えで検索サイトを運営しているか、ご紹介しましょう。

Googleについて より 2022/1/6引用

つまり

  • 整理された、使える情報
  • 世界中からアクセス可能

この2点が重要ということです。

けれども、ちょっと漠然としすぎていますね。具体的にはどういうことなのでしょうか。

この二つは理解する必要がある

Googleでは、いろんな手段を使って私たちに情報を提供しています。ただ、いろんな所で大雑把に教えてくれている感じ。分かりやすく箇条書きなどにはしてくれません。

いわゆる「約款」のような文章が大量に出てきます。ただ、これを理解しないとブログを発見してもらえません。私は以下の二つを定期的に読み直して、理解を深めています。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

SEO スターター ガイド: 基本 | Google 検索セントラル  |  Google Developers
基本的な SEO の知識で、結果を大きく改善できる場合があります。検索エンジン最適化の基本事項については、Google SEO スターター ガイドをご確認ください。

これは、「どうやったら検索エンジンに引っかかるか」をズバリ教えてくれているガイドです。すごく長い文章ですが、必読ですよ!

今回は要点をまとめて、いくつか紹介しますね。

固有のタイトルをつける

タイトルを使い回してはいけません。H2、H3、H4等、下流に行くほど詳しくなるような「目次になるタイトル」を意識しましょう。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド より 2022/1/6引用

つまり、「Google Bot に分かりやすい」ということは、「検索する人にもわかりやすい」ということなのです。

タイトルを読んだだけで、内容がある程度理解できることは、移り気なネットユーザーに対応するためにはとても大切なことです。


メタディスクリプションは大切

メタディスクリプションというのは、

私のブログを例にすると、赤丸で囲った部分。本文の内容を分かりやすくまとめたものです。これを記入しなかった場合、本文の最初の部分120文字ぐらいが引用されます。

ただ、その120文字の間に図などが入っていると、ピントがぼけた文章に仕上がってしまいます。だから、おもてなしの意味を込めて別途考えた方が、SEO対策的にも良いのです。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド より 2022/1/6引用

ただ、「ザックリとした説明」「キーワードの羅列」「内容と関連のない記入」はイメージダウンにつながります。

利用者の利益になることを記入するように、心がけています。

パンくずリストはアドセンス対策にもなる

「パンくずリスト」というのは

自分が今、どこの文章を読んでいるのか、分かりやすく示してくれるモノです。

あった方が分かりやすいですよね。ブロガーなら通しておきたい「Googleアドセンス」対策にもなります。ただ、アドセンスには、なくても通ります。

Googleアドセンスに絶対必要な要素は、コチラにまとめました。興味がある方はご一読ください。



短くて分かりやすいアンカーテキスト

アンカーテキストとは、本文中をクリックしたら別サイトに飛んでいく仕掛けのことです。

これはとても便利なのですが、使うのなら、短い文章で飛んでいくサイトの説明をしたほうが、Googleには好かれるようです。

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド より 2022/1/6引用

つまり

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド はコチラ

よりもは

検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド はコチラ

のほうが、Googleの好感度が高くなります。

その他にも、細かいことがたくさんある

  • パーマリンク、画像につける名前は意味のある言葉に。
  • パーマリンクや画像の名前に_(アンダーバー)は使わない(マイナスが推奨)。
  • 重い画像は使わない。

挙げるときりがありません。もっと詳しく知りたい方は、本文を読んでみてください。

そして、定期的に読み返すことをおすすめします。なぜなら、ブログ運営に慣れるに従い、関心を持つことも変化するからです。弱点には早めに気が付いた方が、訂正が楽です。何か月もローマ字で画像の名前を付けた後で、英名に変換するのは大変です。

こまめにGoogleの考えを読み直しましょう。

ウェブマスター向けガイドライン

ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) | Google 検索セントラル  |  Google Developers
Google のウェブマスター向けガイドライン(品質と SEO に関するガイドラインを含む)を遵守してください。これらのガイドラインは、Google がサイトの認識、インデックスへの登録、ランク付けを適切に行えるようにするためのものです。

ここには、してはいけないことが具体的に紹介されています。

私はうっかり「リダイレクト」を仕込んだことがあります。そんな時は、「不正ではありませんが、リダイレクトがあります」と、Google Search Consoleが教えてくれました。

Google Search Consoleを使いこなす

ブログを作るのであれば、Google Search Console の利用をおすすめします。

Google Search Console

たとえば、「リダイレクト」があるときは

ガバレッジ→除外→ページにリダイレクトがあります

というように、詳しく教えてくれる無料の機能なのです。

Google Search Consoleを使ってエラーを減らせば、より検索しやすいサイトになります。その結果、掲載順位が上がり、あなたのブログを見てくれる人も増える、というわけです。


_____

消費者にとって「カンタン便利」の裏側には、サイト運営者の血のにじむような努力があります。こうやって、コツコツ努力を重ねると、気が付いた時には、副業程度の収入を得られるサイトに成長しています。

私も検索結果に一喜一憂せず、地道な努力を積み重ねていこうと思います!





_____

コメント

タイトルとURLをコピーしました