本物の食物

本物の食物本物の食物

人は消費者ですが、分解者(動物、微生物など)の「食べ物」でもあります。つまり、自然の中では、みんなが誰かの「食べ物」になって、循環しているのです。

最近、お金を重視するあまり、食べ物が変わってきています。大手企業や政府によって、おいしい、安全が変えられているケースも。けれども、生物としての「食べ物」「安全」は変わりませんよね。

また、動植物を「人間の可食部製造マシーン」と考える人も。政府や企業の専門家は「安全だ」っていうけれど、今までの公害や原発事故も、専門家は「安全」「問題ない」って言っていましたからね。こういう情報を鵜呑みにはできません。

ここでは、人が昔から食べていた、循環する「本物の食物」をご紹介しています。

本物の食物

【黒歴史】計画的に進む「残留農薬の基準緩和」その手順をご紹介

「輸入食品から基準値を超える残留農薬を検出」……こんなニュースを目にすると、「輸入食品って、大丈夫?」気になりますよね。 けれども、「残留農薬の種類は、どうやって決まるの?」「その決まりって、だれが決めるの?」色々疑問がわい...
本いろいろ

栽培から保存・調理まで……「食べ物の本」まとめました

「ロシアによるウクライナ侵攻」「干ばつ」「洪水」……2022年は、不作の要因が沢山あります。 さらに「円安」……食料を買うお金が、どんどん少なくなっていきます。食料自給率が40%を切る日本にとって「大変な事態」ですよ。 ...
本物の食物

【徹底比較】シナモンロール:「市販」と「手作り」値段と添加物は、これだけ違う!

食品の値上がりが続いています。 「この際だから、手作りしようかな?」と考える方も多いのでは。ただ、「手作りって……」こんな事を考えてしまいますよね。 どれだけ安いの?手間がかかるのでは?添加物がないと、上手に作れないのでは? ...
本物の食物

【徹底比較】カレーライス:「市販のルー」と「カレー粉から手作り」値段と添加物は、これだけ違う!

食品の値上がりが続いています。 「この際だから、手作りしようかな?」と考える方も多いのでは。ただ、「手作りって……」こんな事を考えてしまいますよね。 どれだけ安いの?手間がかかるのでは?添加物がないと、上手に作れないのでは? ...
本物の食物

【まとめ記事】ネオニコチノイドの問題、ココで詳しくご紹介します

「ネオニコチノイド」という農薬があります。これは、90年代に登場した「殺虫剤」で、当初「人間に害はない」即効性、浸透移行性、残効性が高く「使い勝手が良い」ということで、大変よく使われました。 ところが、色んな問題が分かってきたんです...
本物の食物

【ご存知ですか?】何を食べているのか、知ることができない表示に。

最近の食品表示。こっそり、消費者に分かりにくくなっています。コロナで世間が騒いでいる間に、色々と決まりが作られているんですよ。そして、その裏側には大企業が……。知らないうちに、変なモノを食べさせられないように!表示の裏側をご紹介します。
本物の食物

【お米です】チーズからビールまで…最近の米製品を、まとめてご紹介します!

米から「チーズ」や「ビール」が作られているって、ご存知ですか?廃棄米、余剰米を使って、新製品が次々開発されています。そんな新しい米製品を、いくつかご紹介します。円安、情勢不安で輸入が滞っても、日本には米があります。食べて農家を応援しましょう!
本物の食物

【カンタン】自宅で乾物を作ってみた。昔の知恵って素晴らしい!

切り干し大根、乾燥パセリ。実は、カンタンに作れるんです。「昔の知恵ってすごいな」と驚くぐらい、カンタンに美味しいモノが出来上がります。ただ、ちょっとしたコツが必要です。余った食材をリメイク。手軽にビタミン。使い回して食べ切る方法をご紹介します!
本物の食物

【有機以上】本物の野菜や卵の入手方法、その味をご紹介します!

安心、安全、無添加の食べ物を2つご紹介します。牛尾農園の野菜は有機以上の品質。卵も本来の色をしています。ヒミツキチこひつじのスモークチキンは、牛尾農園と同じく、平飼いで抗生物質不使用の鶏使用。この2つが出会ったら、こんな料理ができました!
本物の食物

【ふるさと納税】お得?こだわり!国産小麦粉をまとめました

ふるさと納税で、国産小麦粉をもらいましょう!値上がりしているのは外国産。実は、国産小麦は余っています。小売店を通さないので、消費期限が長いものが届くという話も。希少すぎて店頭に並ばない小麦もあります。普通の小麦から、古代小麦、米粉などを集めました。
#{yonsankikaku43}をフォローする
タイトルとURLをコピーしました