本いろいろ

本いろいろ

【原発亡国論】原子力発電所はいらない、これだけの理由

福島原発のメルトダウンを予言した元・東電原子炉設計者 木村俊雄さんの著書。木村さんは「電気がなくても、人は死なない」という本も出版されていますが絶版。古本が高額で売買されています。そんな著者が福島事故、東電内部を詳しく紹介している一冊です。
本いろいろ

【ビジョナリーカンパニー】この考え方を、家庭や気候危機に応用すると……

ビジョナリーカンパニーという本があります。これは、飛躍的に発展した企業に共通することを、分かりやすく書いた本です。ただ、この手法は家庭、自分に対しても応用可能!自分の欠点、家族の在り方を考え直すきっかけになるかも。その内容の一部をご紹介します。
本いろいろ

【歴史から学ぶ】南海トラフが動くとき、私たちは何をしなければいけないか

いつ来るか分からない南海トラフ、大雨で起きる山崩れ、富士山の噴火。古文書を読めば、防災に役立たせることができます。この本は天災の記録に特化した内容。言い伝え、地名、神社仏閣から、今いる場所が安全かどうか、判断する材料を教えてくれます。
本いろいろ

ミヒャエル・エンデはいつも「おカネの本質」を問うていた【エンデの遺言】

ミヒャエル・エンデは地球の将来を憂いていました。それをみんなに伝えたくて、ファンタジーという手法を使い、作品に思いを込めたのです。それを受け取った私たちは、どう行動してきたでしょう。「エンデの遺言」を紐解いて、今一度、その意味を考えませんか?
本いろいろ

柔軟な組織運営、って実際どんな?困ったときに開く本はこれ!

時代の流れに対応できる、柔軟な組織運営を!・・・と言われても、どんな組織が柔軟だ?と疑問に思われる方。いい本があります。ここで紹介する会社は「柔軟な組織運営」で社員の定着率を上げ、売り上げを爆増させています。その秘訣をご紹介します。
本いろいろ

【超有名講師が書下し!】この三冊から読み解く「部下の本心」

【上司の育て方!?掲載】どうせ指示されて働かされるのなら、こんなふうに気持ちよく働きたい! 【管理職におすすめ】どうせなら指示を出すのなら、気持ちよく部下に動いてもらいたい!そんなみなさんにおすすめの3冊をご紹介。
本いろいろ

あなたの会社は大丈夫?激変社会に対応できるのはこんな組織です

ヒトデはクモよりなぜ強い オリ・ブラフマン ロッド・A・ベックストローム 著・・・生きづらい格差社会、地球を壊す勢いの気候変動。行き過ぎた資本主義の到達点です。組織の在り方から、これからの組織の在り方を提案してくれる本の紹介です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました