本いろいろ

本いろいろ

【原発亡国論】原子力発電所はいらない、これだけの理由

福島原発のメルトダウンを予言した元・東電原子炉設計者 木村俊雄さんの著書。木村さんは「電気がなくても、人は死なない」という本も出版されていますが絶版。古本が高額で売買されています。そんな著者が福島事故、東電内部を詳しく紹介している一冊です。
本いろいろ

【歴史から学ぶ】南海トラフが動くとき、私たちは何をしなければいけないか

いつ来るか分からない南海トラフ、大雨で起きる山崩れ、富士山の噴火。古文書を読めば、防災に役立たせることができます。この本は天災の記録に特化した内容。言い伝え、地名、神社仏閣から、今いる場所が安全かどうか、判断する材料を教えてくれます。
ブログ作り

【読まれる・稼げる ブログ術大全】この本との出会いは「運命」と「タイミング」

読まれる・稼げる ブログ術大全には、個人ブロガーとして押さえておきたい事だけが、分かりやすく書いてあります。ヨスさんだけでなく、他の有名ブロガーさんの記事も掲載。私はこの本を参考にブログを大改造。結果、検索パフォーマンスが爆上がりしています!
本いろいろ

100%無添加「安部ごはん」簡単に濃縮つゆとふりかけができました!

「安部ごはん」本当にすごい手法満載です。特に「濃縮つゆ」めんつゆです。「これ、私が作ったんですか?」という驚愕の完成度。同時にふりかけもできちゃいますよ!無添加で脱プラ。かえし、みりん酒を使った濃縮つゆ、ふりかけの作り方をご紹介します。
本いろいろ

ミヒャエル・エンデはいつも「おカネの本質」を問うていた【エンデの遺言】

ミヒャエル・エンデは地球の将来を憂いていました。それをみんなに伝えたくて、ファンタジーという手法を使い、作品に思いを込めたのです。それを受け取った私たちは、どう行動してきたでしょう。「エンデの遺言」を紐解いて、今一度、その意味を考えませんか?
本いろいろ

私が生きる道は、子どもが教えてくれた。カネもうけより、人として生きる

ガンガン売り上げ、どんどん開発!会社に貢献し、地位もお金も手に入れた二人が、子どもがきっかけで会社を退職しました。生きるために必要なモノは、お金ではありませんでした。気が付くきっかけ、そして何を手に入れたか、ご紹介します。
プラと生活 

脱プラスチックと一緒に「脱電気」もできます!参考になる二冊はコレ

使い捨てプラスチックを減らす努力「脱プラスチック」が、世界中ですすめられています。 実は、「脱プラスチック」と「脱電気」は相性抜群。 そして、二つの「脱」を極めると、「節約」「節電」つまり、お金を使わなくなるのです! 「...
プラと生活 

海洋プラスチック問題って何?基本情報を本格的に知るための二冊を紹介

「脱プラスチック」「レジ袋削減」なぜ必要なのでしょう。その背景がよくわからないと、脱プラにも力が入りません。実は、私たちの健康を左右する可能性が出てきたので、脱プラが推進されているのです。この二冊には、その経緯が詳しく紹介されています。
本いろいろ

【黒歴史】日本型食生活の崩壊 みんな知らない歴史の裏側をご紹介

日本の主食は「米」。それなのに、なぜ学校給食がパンなのでしょう。実は、これには深い策略があるのです。あまりに黒すぎて、表には出てこない歴史。それは今も私たちを縛り付けています。その束縛から逃れるために、この本の一読をお勧めします。
本いろいろ

同じ会社でも評価が逆転!この二冊から生き残る道を探る

昔は皆に夢を提供した「資本主義」「経済成長」が、今では「環境破壊」と言われます。とても対照的な二つの本を読み比べれば、私たち自身が生き残る道が分かります。
タイトルとURLをコピーしました