食物とおカネ

本いろいろ

【大人が読んでも面白い】中高生に読ませたい、リアルなお金の本はコレ!

18歳から契約上大人になると、何が変わるのでしょう。一番大切なのは、お金のこと。『この世でいちばん大事な「カネ」の話』と『カイジ「命より重い!」お金の話』は、わかりやすくお金の話が説明されています。この2冊にビジョナリーカンパニーも加えてご紹介します。
食物とおカネ

【超インフレ・格差社会のサバイバル術】資本主義の使い方…使われてはいけませんよ!

日本の超インフレ、格差社会は、大企業や、買収された政府によって作られてモノです。この影響を最小限に食い止めるために出来る事を、いくつか提案しています。自分の体、健康を守れるのは、自分だけです。大きな声の言いなりになって、命を落とさないように!
食物とおカネ

お金、使っていますか?使われていますか?

毎日使うお金。けれどもそれ、お金を使うように仕組まれていませんか?今は、知らず知らずのうちに、大企業に生き方を決められる時代。どういうことか、詳しくご説明します。「酒は飲んでも、飲まれるな」と同じ。「金は使っても、使われるな」ですよ!
食物とおカネ

【即実践できる】金儲け主義から逃げて、自分のお金を守る方法

仕事はたくさんの単純労働が積み上がってできています。ヒトは単純労働し続けると飽きます。生きるコトも一緒。単純に切り刻まれたモノを買うだけだから飽きてくる。だったら、一から十まで自分で完全にできる人生を楽しみませんか?
食物とおカネ

【超インフレ・格差社会のサバイバル術】実践編……今からできる事は? 

日本の「超インフレ・格差社会」。けれども、これは資本主義によって人為的に作られてモノ。しくみを知れば、ある程度準備したり、対策を練ることができますよ。 ココでは「今からできる事は?」を考えています。実は、こうなってから対応するのでは...
本いろいろ

ミヒャエル・エンデはいつも「おカネの本質」を問うていた【エンデの遺言】

ミヒャエル・エンデは地球の将来を憂いていました。それをみんなに伝えたくて、ファンタジーという手法を使い、作品に思いを込めたのです。それを受け取った私たちは、どう行動してきたでしょう。「エンデの遺言」を紐解いて、今一度、その意味を考えませんか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました