食物とおカネ

本いろいろ

【大人が読んでも面白い】中高生に読ませたい、リアルなお金の本はコレ!

18歳から契約上大人になると、何が変わるのでしょう。一番大切なのは、お金のこと。『この世でいちばん大事な「カネ」の話』と『カイジ「命より重い!」お金の話』は、わかりやすくお金の話が説明されています。この2冊にビジョナリーカンパニーも加えてご紹介します。
食物とおカネ

【実は生活直結】TPP(環太平洋パートナーシップ協定)分かりやすくご紹介します

TPP(環太平洋パートナーシップ協定)は、実は生活に密着しているのです。それなのに、一般市民には詳細を知る手段がありません。知らないうちに、いろんな法律が変わっています。そして、食べ物に関わることも、さりげなく変化が。詳しく調べました。
無水鍋ごはん

電気は「ひみつ道具」…私たちは「のび太」になっていませんか?

電気はとても便利です。けれども、使い方を誤ると、巨大ブーメランになって返ってきます。「まるでドラえもんのひみつ道具みたいだな…」そう思って、電気の悪影響を考えてみました。ホント、使い方次第ですね。で、私たちは賢く使えているのでしょうか……
食物とおカネ

「ゲノム編集」は「ひみつ道具」私たちは、のび太になっていませんか?

「ゲノム編集」って何?安全なの?疑問は尽きませんが、ネットで調べてもよく分かりません。詳しい塩基配列情報も出てきません。そこにはおカネ、利権がからむ事情があるのです。ゲノム編集を分かりやすく説明しました。最後に詳しいサイトを紹介しています。
本いろいろ

ミヒャエル・エンデはいつも「おカネの本質」を問うていた【エンデの遺言】

ミヒャエル・エンデは地球の将来を憂いていました。それをみんなに伝えたくて、ファンタジーという手法を使い、作品に思いを込めたのです。それを受け取った私たちは、どう行動してきたでしょう。「エンデの遺言」を紐解いて、今一度、その意味を考えませんか?
本いろいろ

私が生きる道は、子どもが教えてくれた。カネもうけより、人として生きる

ガンガン売り上げ、どんどん開発!会社に貢献し、地位もお金も手に入れた二人が、子どもがきっかけで会社を退職しました。生きるために必要なモノは、お金ではありませんでした。気が付くきっかけ、そして何を手に入れたか、ご紹介します。
本いろいろ

【黒歴史】日本型食生活の崩壊 みんな知らない歴史の裏側をご紹介

日本の主食は「米」。それなのに、なぜ学校給食がパンなのでしょう。実は、これには深い策略があるのです。あまりに黒すぎて、表には出てこない歴史。それは今も私たちを縛り付けています。その束縛から逃れるために、この本の一読をお勧めします。
食物とおカネ

【みどり戦略】国連食料システムサミットを、DuckDuckGO でアヒってみた 

Google と DuckDuckGo 検索結果が面白いほど違います。世界中でボイコット運動が起きているのに、日本では全く報道されない 国連食料システムサミット で検索結果を比較しました。
食物とおカネ

【即実践できる】金儲け主義から逃げて、自分のお金を守る方法

仕事はたくさんの単純労働が積み上がってできています。ヒトは単純労働し続けると飽きます。生きるコトも一緒。単純に切り刻まれたモノを買うだけだから飽きてくる。だったら、一から十まで自分で完全にできる人生を楽しみませんか?
食物とおカネ

ビル・ゲイツが国連を乗っ取っている、これだけの理由

みどりの食料システム戦略 パブリックコメントをしていますが、意見が全く反映されていません。なぜでしょう?そして、そもそも、なぜ「みどりの食料システム戦略」ができたのでしょう。国連 ビルゲイツの影が見え隠れします。
タイトルとURLをコピーしました