地道すぎる…知って驚愕!マイクロプラスチック判別方法

プラと生活 

海に漂うマイクロプラスチック。網ですくって「これはプラスチックです」と分かるわけではありません。一つ一つ人が機械にかけて分析しているのです!

ココの知識はこの本から頂きました。

海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)
海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)

この本です。興味のある方は一読をお勧めします

では、その「地道な作業」をご紹介しますよ。この作業をしているつもりで、想像しながら読んでみてください。


小さいプラスチックを集める

海からプラスチックを集める方法は、この2つ。

  • 海面近くは曳網採取:海面近くに浮いているモノをとる網があります
  • 深さ10m以下の採取は:方法が確立されていません。

環境省が2019年5月に「漂流マイクロプラスチックのモニタリング手法調和ガイドライン」を発表しました。

http://www.env.go.jp/water/post_76.html こちらが環境省のHP

ガイドラインの曳網方法の概要図  PDF 英語版の下に日本語版があります。

「プラスチックは問題だ」と考える世界中の人たちが、同じ条件でプラスチックを集めて、同じ方法で情報発信しています。


けど、集まったのはプラスチックだけではない

海で集めたモノをきれいに洗って仕分けをします。ネットの網目は「0.3ミリ」。それより大きいモノしか収集できません。

マイクロプラスチックとは微細なプラスチックごみ(5㎜以下)のこと

大阪市 マイクロプラスチックについて 2022/6/28引用

マイクロプラスチックを集めたい場合は、5mmのふるいにかけて、ふるいの下に落ちたものを一つ一つ調べます。海藻に見えても、石に見えても、実はプラスチックかもしれないからです。



最初に紹介した本「海洋プラスチックごみ問題の真実」の82ページに、分別作業をしている写真があります。

これを見ると、4段階に網目が細かくなっていくふるいが。分析者の前には、たぶん真空ポンプにつながった「ろ過装置」が見えます。恐らく手順としては

  1. 海面でモノを集塵ネットで集める
  2. 集塵ネット内側をきれいに洗って、水の中に集める
  3. 水ごとろ過する
  4. ろ紙の上に残っているモノを調べる

という感じだと思います。これだけでも「地道な作業」ですよね。



けれども、このあとが「もっと地道な作業」なのです…… 

大きさで分けたら、プラスチックを探し出す

5mm以下のモノを集めてから、プラスチックかどうかを調べる作業に入ります。

よほど小さな粒は、生物や鉱物の破片なのか、プラスチックなのか、肉眼では判断できません。そこで、フーリエ変換赤外分光光度計という分析機器を使って、素材判定を行います。

海洋プラスチックごみ問題の真実 磯部篤彦(2020)p83

この「フーリエ変換赤外分光光度計」

島津製作所 IRTracer-100 フーリエ変換赤外分光光度計 Shimadzu
島津製作所 IRTracer-100 フーリエ変換赤外分光光度計Shimadzu/ Shimadzu/島津製作所

コレにかけると

  • プラスチックかどうか
  • プラスチックの種類

これがすぐ分かる「便利な装置」のですが、測定方法が……

  1. 直径2mmぐらいの平らな場所に測定したいモノを置く
  2. 上からぎゅーーっと押す。モノを平らな場所に密着させる
  3. 赤外線を当てる

このような感じで、すべての破片を測定し、画像を保存するんですよ。ひとつだけならあっという間ですが、これを延々繰り返します。

磯辺先生の研究室ではこの作業を繰り返し、17万粒を超えるマイクロプラスチックを判定したそうです。「写真撮影した分だけで17万」ということは、装置で測定した粒はもっとあるということでは……想像を絶します。


調べるのにはお金がかかる

この研究にはとてもお金がかかっています。

モノを集めるためには「船」を出さなければいけません。集まったモノを分別、判定するのも膨大な手間ですから、「人件費」がかかります。

「 フーリエ変換赤外分光光度計」も高額です。「カメラが装着できる顕微鏡」「データを保管するパソコン」、これらの「保守点検」…それ以外にもいろいろあると思います。

とにかく、お金がかかるのです

そして、マイクロプラスチックは世界的な問題なので、世界中で同じような事が行われ、みんなで話し合いをしています。

集まるのにも、お金がかかります


これは 問題を発見するための費用

今、やっと「プラスチックがあちこちにある」という事が分かりました。ここが出発点に過ぎないのです。

では、これからどうすればよいのでしょう。どんなことができるのでしょう。世界中でいろいろと考えられています。興味のある方は、こちらをご一読ください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました