【安部ごはん応用】ポン酢は15分で、カンタンに作れます。

安部ごはんからポン酢を作る本物の食物

夏、冬問わず大活躍のポン酢。原材料を見てください。

内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢 360ml
内堀醸造 美濃特選味付ぽん酢 360ml
  • しょうゆ
  • 醸造酢
  • 砂糖
  • かんきつ果汁
  • 食塩
  • 鰹節
  • 昆布

これだけあれば、高級ポン酢も自宅で作れちゃうのです。

で、この材料、ご自宅にありますか?それなら買う必要はありません。自宅にある材料を使い、15分ぐらいでポン酢は作れます。

今回は、「安部ごはん」の濃縮つゆを応用しています。

かえし、みりん酒の作り方は、コチラでご紹介中。ここでは、「ポン酢」の作り方を、詳しくご紹介しますね。


使う材料

使う材料は、

  • かつお節と昆布
  • しょう油
  • 果汁
  • 砂糖、みりんなどの甘味料

これのコンビネーションです。好みに合わせて調節しましょう。

「果汁」はお好みで。今回はシークヮサーを使っています。

さわやかな味に仕上がりますよ。庭にカボスがあれば、それをしぼればOK。ご自宅にある物で作ってくださいね。

作り方のポイントは、これだけ

作り方は本当にカンタン。大切なポイントはココ。

  1. かつお節と昆布で、濃いめのだしを取る
  2. 酢とみりんは煮る
  3. しょう油を入れたら、すぐ火を止める
  4. 果汁は最後、火を止めてから入れる

1つずつ、ご説明します。


かつお節と昆布で、濃いめのだしを取る

濃いめのだしを取りますよ。鍋に

  • 水500ml
  • 細かく刻んだ昆布10g
  • かつお節10g

を入れ、火にかけます。沸騰したら火を止め、日本手ぬぐい、さらしなどで、こしましょう。

これで、「濃いめのだし」が完成です。だしの取り方は、コチラのサイトでも説明しています。

濃縮つゆで使うだしと一緒です。濃縮つゆも便利ですよ。一度作ってみてください!

この方法で、濃いだしが360ml取れます。ほかの材料を足すと、ポン酢が500mlできる計算です。「ちょっと多いかなぁ」という方は、最後の「もっとカンタンにポン酢を作る」をご覧ください。

酢とみりんは煮る

濃いめのだしに、酢小さじ1、みりん大さじ2ぐらいを入れて、弱火で煮ます。つんとした香りがなくなり、ツーンとした香りがなくなればOKです。

甘味が欲しいときは、お好みで砂糖を加えてください。

しょう油を入れたら、すぐ火を止める

しょう油100mlを入れ味見をして、良ければ火を消してください(しょう油の風味を保つためです)。

果汁は最後、火を止めてから入れる

風味を生かすため、果汁は火を止めてから入れます。大さじ1ぐらい入れれば、しっかり味が付きます。


これだけで、ポン酢はできる

これだけで、風味豊かな無添加ポン酢が出来上がります。

手作りポン酢
ポン酢 500ml

もっとカンタンにポン酢を作る

「濃縮つゆ」を作っておけば、いつでもポン酢を作ることができます。

手順はコチラ。

  • 小さい鍋に酢を大さじ1入れる
  • ツーンとした香りがなくなったら、火を止める
  • 鍋に「濃縮つゆ」を200ml、果汁小さじ1を入れる

たったこれだけ。お好みに合わせて、酢や果汁の量を調節してください。甘いのがよければ、砂糖を加えましょう。


色んなものが作れる「濃縮つゆ」の作り方はコチラです。

鍋の時、「あっ!ポン酢がない」「けど、寒いから、買いに行きたくない……」

もう大丈夫です。

自宅にある材料でいろいろ作ってみましょう。そしたら、冷蔵庫の棚もスッキリ!お金も使わず、ごみも減る、良いコトだらけですよ!

なお、今回ご紹介したポン酢は、「安部ごはん」を参考にしています。

世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ: 「食品のプロ」が15年かけて考案!「魔法の調味料」で本気の時短!しかも無添加102品!
世界一美味しい「プロの手抜き和食」安部ごはん ベスト102レシピ: 「食品のプロ」が15年かけて考案!「魔法の調味料」で本気の時短!しかも無添加102品!

試し読みも出来ますので、一度覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました