【実測】オーブンでパンを焼くと、これだけ電気を使います

オーブンで焼いたメロンパン無水鍋ごはん

いつも無水鍋でパンを焼いています。

無水鍋で焼くと節電になりますが、どれだけ節電できるのかは知りませんでした。

そこで、オーブンでパンを焼くとどれだけ電気を使うのか、調べてみました。どんな感じで測定をしたのか、詳しくご紹介します。



ちなみに、ホームベーカリーで粉からパンを焼くと、消費電力は0.19kWhでしたよ。


使ったオーブン

今回使ったオーブンは、Panasonic社製の「家庭用オーブンレンジ NE-C235」です。

https://panasonic.jp/range/p-db/NE-C235.html

2012年製造。お皿は一段だけ入ります。

使ったワットチェッカー

ワットチェッカーは、「エルパ (ELPA) 簡易電力量計 エコキーパ」。

エルパ (ELPA) 簡易電力量計 エコキーパー (EC-05EB 1654300) 電力量計/消費電力測定/コンセント
エルパ (ELPA) 簡易電力量計 エコキーパー (EC-05EB 1654300) 電力量計/消費電力測定/コンセント

このワットチェッカーは、「瞬間的に消費している電力(上段)」と、「ワットチェッカーを通過した電力の合計(下段)」を教えてくれます。

設定次第では、電気代金やCO2消費量も表示可能です。

焼いたのはメロンパン

無水鍋で焼くパンには、上に焦げ目がつきません。だから、メロンパンはサクッとできないのです。いつも、それが残念で。

そこで、今回はメロンパンを焼いてみました。

発酵は非家電で

一次発酵は無水鍋で。

メロンパンと、食パン一斤分 一緒に発酵



二次発酵は、オーブンをお湯で温めて。

下のトレイに熱湯が入っています

ココには電気を使わず、焼いたときの電力消費量だけを測定しました

180℃20分焼いた結果

180℃に温めたオーブンに生地を入れ、20分焼いた結果、

上:現在の消費電力量  下:積算消費電力量

0.46KWh電力を消費しました。

ホームベーカリーで粉からパンを作ると、0.19KWhなので、「オーブンは、ホームベーカリーより効率が悪い」ですね。

そして、ワットチェッカー上段に「5」と表示されています。これは、「パンを焼き終えたけど、庫内を冷やすために使う電力」。オーブンは、焼いた後も電気を使うのです。

扉を開けて庫内を冷やせば、すぐファンが止まり、表示はゼロになりました。

ストレスがかからない程度に。節電を楽しもう!

この電力は、テレビなどの待機電力に比べると、ものすごく小さいです。

ワットチェッカーを使うと、消費電力の見える化ができます。そこで、色々対策を取りたくなりますが、節電でストレスがかかっては本末転倒。

ココでご紹介したことも参考に、節電を楽しんでくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました