大きいものは大きいなりに、小さいモノも小さいなりに問題が…【プラスチック】

プラと生活 

プラスチックの歴史などは、下のサイトでご説明しています。

結構な黒歴史を持つ「プラスチック」

広く使われ始めて半世紀。実はもっとすごい影響があることが分かってきました…

プラスチックの物理的問題点

プラスチックのどのような点が問題になっているのでしょうか。物理的性質からご紹介します。

景観を汚す、回収しても次々流れてくる

画像はイメージです

夏になると海岸に人が大勢集まります。そういう海岸は元からきれいなのではなく、地元の方がきれいに掃除をし続けているから、美観が保たれているのです。

人がほとんど近づかない浜には、何年にもわたって漂着したごみが2メートルほども積み上がっていた。上を歩くと足がずぶりと沈む。多くがプラスチックごみだ。

朝日新聞 2020年6月21日 朝刊

プラスチックは容易には分解されないため、人が掃除をしなければこのような状態になります。

観光地はお金をかけて掃除をし続けることができます。掃除をすれば観光客が来てくれて、そこでお金を使ってくれるからです。

しかし、無人島や、人気がない浜はプラスチックに埋もれていくことになります。

「取っても取っても流れ着く。発生源を止めないと無理だ」

朝日新聞 2020年6月21日 朝刊

地方の小島では少子高齢化が進み、掃除をしたくても人集めが大変です。更に、近年は台風が大型化しています。そんな大型台風が通過した後は大量にプラスチックが流れ着くようになったそうです。

野生動物に食べられて、胃袋に溜まっていく

海鳥の死骸からプラスチックが大量に出てくる、というニュースは世界各国から報告されています。日本では海遊館が、飼育していたジンベエザメの胃の中から出てきたプラスチック製の櫛を展示していました。(2020年7月現在)

保護されたウミガメがひと月エサを食べずにプラスチックを排出し続けた、という報道もありました。

野生動物がプラスチックを誤って食べると、

誤食による影響として、食欲の減退や体長の低下、消化管の損傷などが挙げられます。

海洋プラスチックごみ問題の真実 磯部篤彦 著(2020)P50
海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書) | 磯辺 篤彦 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで磯辺 篤彦の海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。磯辺 篤彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測 (DOJIN選書)もアマゾン配送商品...


しかし、そもそも野生動物の体重、身長の平均なんて誰も知らないのです。比較のしようがありません。ただ、

  • 胃が小さくなる→食べられなくなる。
  • 胃にモノが入っている→いつもおなかが張っている。

これでは健康的とはいいがたいと思います。

漂う網に絡まり、傷つく、命を落とす

網がからまってどうにもならなくなった際、漁師さんが網を切り捨てることがあります。その他、色々な理由でプラスチック製の網が海中を漂います。

それにウミガメなどがからまり、息継ぎできずに命を落とす例がたくさん報道されています。

また、釣り人が糸を捨てることも。今は糸もプラスチック製です。動植物にからまり、問題になっています。

ウミガメの鼻にストローが刺さった写真、動画を見た方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。自然界に漂うプラスチックは、動植物に大きな影響を与えるのです。

分解されないから増え続ける

道端のコケを撮影したら、マイクロプラスチックが2つ 入っていました

プラスチックは分解しづらく、小さくなっても残っています。だから、人がプラスチックを作り続ける限り、自然環境中のプラスチック量は増え続けます。

コンクリート、プラスチックなど地球上で人間が作り出したものの総重量(人工物量)が、植物や動物などの総重量(生物量)を初めて上回ったかもしれない、という論文が発表されて話題になりました。

人間がこれまでに作り出したコンクリートやプラスチックなどの総量は1兆トンを上回り、森林や植物など自然由来のものよりも多くなる見込み。イスラエルのワイツマン科学研究所のチームがこんな試算をまとめ、英科学誌ネイチャーに発表した。

日本農業新聞 2021年1月11日

家の中を見回しても、

  • ペンキ
  • 壁紙
  • お風呂
  • 台所などの水回り

多くのプラスチックが使われています。

ガラス、陶器の代わりに、軽くて丈夫なプラスチックが使われます。

薬、化粧品、日用雑貨もプラスチック容器に入っています。製品自体にプラスチック類が含まれている場合もあります。例えば、柔軟剤の香りを閉じ込めているマイクロカプセルはプラスチックでできています

家電製品もプラスチック製。プラスチックは電気を通さないので、大変都合がよいのです。

服も「綿100%」と書いてあってもレース、刺繍糸はポリエステルの場合があります。伸び縮みするジーンズはポリウレタンの効果です。

こういうプラスチックはすべて、時間がたつと少しずつ小さいプラスチックになっていきます。

自然が傷つく時は、人も傷ついている

現在のところ、人間に具体的な被害はないかもしれません。ただ、被害がわかった時自然界には把握できないほどのプラスチックが既にある状態です。マイクロプラスチック、ナノプラスチック、深海に沈んだプラスチック・・・全量回収するのは不可能です。

また、回収後分解して原材料に戻すには、強烈な薬剤とエネルギーをたくさん使わないといけません。そのエネルギーを生み出すのも大変です。廃液は危険なので処理しないと自然界に流せません。ここでも大量のエネルギーを使います。

だから、

  • 今、プラスチックを使うのをやめませんか?
  • すぐには無理でもできるところから減らしませんか?

という動きが出ているのです。

プラスチックはどうやって調べるの?

海や空気から採取した破片をプラスチックと判別する方法を、下のサイトでご紹介します。


実は、ものすごい作業が必要なのです…








______

コメント

タイトルとURLをコピーしました