【究極の安心安全無添加】本物のパン屋「タルマーリー」とは?

タルマーリーのチーズマフィン本物の食物

市販のパンはふっくらモチモチ。とても甘くておいしいですよね。けれども原材料を見ると、分からない化学物質名、香料って何が入っているの?さらに、そもそも表示されていない化学物質もあります。

知らないうちに有毒なものを食べているかもしれない恐怖。「子どもに影響はないのだろうか…」とても心配になります。

市販のパンを信用できず自宅で焼いていましたが、今回とても美味しいパン屋を発見!安心安全、本物のパンが我が家にやってきました。その、「素晴らしさ」「こだわりっぷり」をご紹介します。


タルマーリーを知るきっかけになった本

偶然、この本を読んで「タルマーリー」を知りました。

「腐る経済」ちょっと物騒だなぁ、と正直感じましたけどね。「食べられないモノは微生物が腐らせてくれるのよ。」という意味でした。

「発酵」と「腐敗」のちがいとは?

「発酵」「腐敗」どちらも微生物の作用ですが……

生物にとって都合がよい:発酵
生物にとって都合が悪い:腐敗

と分けられています。

自然界のあらゆるものは、時間とともに姿を変え、いずれは土に還る。それが「腐る」ということだ。その変化の仕方には、大きくふたつある。「発酵」と「腐敗」―。それを引き起こすのが「菌」の働きだ。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉格 著 講談社+α文庫 p92

スーパーで買ったキュウリ…冷蔵庫で液体になっていた、という話を聞いたことはありませんか?そういう野菜は腐ります。ただ、有機野菜の場合は干からびます。腐らないのです。

収穫しても、野菜は生きています。生きる力の差で、「腐る」「干からびる」に分かれるのですよ。

・・・・・・

つまり「菌が食べ物を見分けているのでは?」と、渡邉格さんは考えました。

 本来、天然の「菌」は、リトマス試験紙のように、「腐敗」させるか「発酵」させるか、素材の良しあしを見分ける役割を果たしている。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉格 著 講談社+α文庫 p92

食べてもいいものは「発酵」させるけれども、ダメなものは「腐敗」させて土に還してしまう、というのです。

人工化学物質で、自然の流れを乱している

 けれども、イーストのように人工的に培養された菌は、本来「腐敗」して土へと変えるべきものをも、無理やり食べ物へと変えてしまう。「菌」は「菌」でも、自然の摂理を逸脱した、「腐らない」食べ物をつくり出す人為的な「菌」なのだ。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」 渡邉格 著 講談社+α文庫 p93

自然の摂理からすると現代の人間、家畜は、食べ物じゃないモノを食べているということです。

……子どもの頃、野菜は自給自足。有機野菜を食べて育ちました。年に数回だけの外食が、子どもとしてはとてもうれしく、色んなものを食べて満足していたのですが、母は必ず言うのです。

「あー、やっぱりうちのご飯が一番だわ」

この本を読んで、母の言葉を思い出しました。

自然現象には必ず意味がある

たとえば、ウナギの生態。

あんなにみんな食べているのに、完全養殖したくて色んな人が研究しているのに、分からないことが多いですよね。そして、人間はウナギを創造できません。そういう意味では、人間は自然界のAIです。

自然の創造力がなければ、人間は科学技術を使えないのです。

私たち、そのことを忘れていませんか?

この本を読んで、そんなことを思いつつ、タルマーリーのパンレスキューに登録。先日パンがやってきました。

本物のパンがやってきた!

それがこちら。

8種類入っています。この段ボールがまた素晴らしい。パンが問題なく届けば、箱はどうでもいいのです。

・・・・・・

目をつぶって、パンにかぶりつきます。しっかりした噛み応え、小麦を感じる味。ほのかな酸味、菌の影響もあり、小麦の酸味もあり。

本当に、豊かな表情を持っています。

体が「おいしい」といっているのを感じます。これを「食べ物」と呼ぶのではないでしょうか。



________

こういう、体が「おいしい」と感じる食べ物を、これからもココでご紹介していきます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました