【有機以上】本物の野菜や卵の入手方法、その味をご紹介します!

本物の食物

スーパーや生協で野菜を買う時、「安全な野菜を食べたい」と思うのですが、「有機」「特別栽培」いろんな表示があります。結局どれがいいのか、迷っちゃいますよね。

「有機野菜が一番」と思いがちですが、実は違うんです。もっとすごい野菜があります。ただ、スーパーや生協では多分、お目にかかれません。

そこで今回は

  • 有機野菜のしくみ
  • 有機以上の野菜(ここでは本物野菜とします)と出会う方法
  • 本物野菜の味

を、詳しくご紹介します。視点を変えたら、ご近所でステキな農園を見つけられるかも。ぜひ、探してみてください!

有機野菜のしくみ

「有機農産物」というものがあります。これは、農林水産省が決めた基準をクリアした農作物だけが名乗れる「ブランド名」みたいなモノです。

有機のブランド名は高い

「有機」を名乗るための費用、知っていますか?

40万円以上かかることも。継続するには、手続きが必要。更にお金がかかります。事務仕事に手間暇かけて、畑のお手入れができなくなったら……アホくさいと思いませんか?

そもそも、ブランド名って必要?品質が良ければ、それでいいじゃないですか。

「有機認定」の制度は、生産者と消費者の距離が遠くなり、信頼関係が崩れた結果できたのもの。ですから、生産者と消費者が信頼し合えれば、ブランド名は必要ないのです

有機以上の野菜と出会う方法

こういう考えの農家を見つける方法、色々あります。ここでは、その一例をご紹介しますね。

「自然栽培」

本物野菜を育てている「明石農園」

あかし野菜【明石農園】~固定種・自家採種にこだわった無肥料自然栽培の農園(宅配可 / 農福連携)
えほんのように やさしいやさい─。明石農園は、2003年より埼玉県の三芳町で、無肥料自然栽培に取り組んでいます。地域のイベント、農業体験、就農支援、農業福祉連携など、様々な取り組みを行っています。

ここは「固定種・無肥料自然栽培」と名乗っています。「有機」を名乗らないのは、たとえ有機農法をクリアする栽培方法でも、認定事業者にならなければ「有機」「紛らわしい表示」は使えないからです。

有機栽培でも、化学合成されていない肥料は使えます。それも使わないのが「自然栽培」

自然栽培は、一切の肥料・農薬を使用しません。

自然栽培全国普及会 HPより 2022/4/20引用

つまり、「自然栽培」と書いてあれば、「有機栽培」よりも手間暇かかるんだ……と思っていいのです(認定制度がないので、偽装もあるかもしれませんが)。

ちなみに、「固定種」というのは純系種みたいなもの。育つ速さ、大きさなどがバラバラ。一気に収穫できず、手間がかかります。

それに対して、「F1(一代雑種)」は、個性がそろっていて一斉に育つので、大量生産に向いています。

なお、「固定種」と「F1(一代雑種)」の違いについては、コチラをご覧ください(固定種で有名な野口種苗研究所のサイトに飛びます)。

堂々と「有機JAS認証を取得していません」

そして、後で詳しくご紹介する「牛尾農園」も、名前にこだわらず、農作物にこだわる農園です。

牛尾農場
兵庫県市川町で有機農業と平飼い養鶏を行っている牛尾農場です。平飼い卵と旬の有機野菜を詰め合わせて一般のご家庭やレストランなどに直接販売しています。

※当農場では有機JAS認証を取得していませんが、有機JAS並みかそれ以上の質を追求しています。今後も有機JAS認証取得の予定はございません。

牛尾農園 HPトップページより 2022/4/20引用

ホームページの冒頭で、堂々と宣言する農園。「農作物に自信があるから」と思いませんか?こういう所では、本物野菜を栽培しています。

安心・安全・美味しい野菜はココにある

つまり、

  • 自然栽培
  • 有機認証は取得していないけど、品質はそれ以上

こんな表示がある農園には、本物野菜がある可能性があります。

また、育てるのに手間がかかり、大量生産が難しいのが、本物野菜の特徴。だから、大型スーパーや百貨店では販売が難しいのです。

  • ルシェやネット販売等、直販がメイン

これも、本物野菜の特徴です。気付かないだけで、ご近所にあるかもしれません。おいしい野菜を探す参考にしてください!


牛尾農園の野菜、卵

ネットで「平飼い」「たまご」と検索したところ、牛尾農園にヒットしました。ホームページ冒頭に、先ほどご紹介した文言が。それを読んで「ココには本物野菜がある」と確信。早速いろいろ買ってみました。

完全脱プラの梱包

あらかじめ「脱プラでお願いします」「外見は気にしません」とお伝えした結果、届いた箱がコチラ。

これで十分

「たまご 取り扱い注意!」とはっきり分かればOK。「限りある資源の有効活用」という気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

段ボールを開くと……

完全脱プラ

たまごは割れないように、段ボールで包まれています。その他は全て、新聞紙。無駄のない包装に、感嘆しました。

個性豊かな野菜たち

中の野菜は……

牛尾農園の野菜たち

むれによる変色が一切ない、ピッチピチの状態で届きました。玉ねぎには、葉がついています。かじってみると、ピリリとした刺激の中に、強い甘みが。水菜(右端)は苦味が効いています。

本物野菜は、個性豊かな味がします。

「辛い」「苦い」「えぐい」けれども、それで虫を避けているのですから、当たり前です。その奥に潜む「甘い」「滋味あふれるうま味」を引き出すのが、何とも楽しい瞬間なのですよ。

ちょうど、「自家製のエサだけ、抗生物質は一切使われていない鶏の燻製」があったので

一緒に食べようと思いました。

作った料理 3品

色々考えて、作ったのがコチラ。

サンドイッチ

ライムギパンに、スモークチキンとマリネ、レタスを挟んだ

スモークチキンと一緒に頂いたライ麦を使い、無水鍋でパンを焼いて

基本的なつくり方はコチラ 今回はライ麦40%使用

ピクルスの代わりに、マリネを入れています。

牛尾農園の野菜を使用

コショウ以外は、完全国産。できるだけ原材料から手作りしているので、安心安全、無添加です。

硬い鶏肉を、牛乳で柔らかく

スモークチキンは深い味がするのですが、硬いのが難点。ご飯として食べられないのですよね~。今回は牛乳で煮込んで、パスタソースにしてみました。

塩で味をととのえるだけで、おいしいパスタの出来上がりです。ニンジン、玉ねぎなどは、牛尾農園の野菜です。

骨と皮から、良いダシが

残った骨と皮は、コトコト煮込んでダシを取ります。

厚手の鍋で、できるだけ弱火

その時、ニンジンを丸ごと入れました。先ほど紹介したパスタに入っているニンジンは、ここで下味をつけています。

このスープで鍋をつくり……

牛尾農園の野菜がたっぷり

野菜からだしが出て、さらに旨くなったスープで……

しょうが、しょう油、塩で味をととのえ、締めのラーメンを作りました。生ラーメンを茹でて入れています。

牛尾農園の玉ねぎの葉、キャベツを生のままトッピング。

ラーメンスープに添加物が入っていないので、野菜の味を殺してしまうような、機械的な味がしません。家族皆、無言。あっという間に食べてしまいました。

野菜の味は、未知の味

本物野菜の味は、個性豊かです。なので、生のままかじってみて味見。野菜に「どうやって食べてもらいたい?」と聞く事をおすすめします。

目をつぶって、「食べている」という事に意識を集中するのです。

すると、心の中に食べたいメニューが浮かぶようになります。それを作りましょう。調味料は、塩、しょう油、みそ、みりん、日本酒など、未精製で昔ながらのものを使うと、野菜の味を引き立ててくれます。

素材がおいしいと、ソース、ドレッシングなどは、あまり必要なくなります。そういう生活をしていると、冷蔵庫の中がスッキリ、買い物も少なめに。そして、腸内細菌にも好影響。お肌や体調が整いますよ。



加工食品に慣れていると、最初のうちはメニューが浮かばないかもしれません。けれども、何度も繰り返すと、食べたいものが分かるようになります。

ほかのメニューはコチラ

このほかにも、卵を買ったり、違うモノを作ったり。ココで書ききれないことは、コチラでご紹介しています!

「牛尾農園」に興味のある方は、コチラ。

牛尾農場
兵庫県市川町で有機農業と平飼い養鶏を行っている牛尾農場です。平飼い卵と旬の有機野菜を詰め合わせて一般のご家庭やレストランなどに直接販売しています。

「ヒミツキチこひつじ」に興味のある方は、コチラから 連絡を取ってみてください。おいしくて、体も元気になる食べ物に出会えますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました