【脱プラ】洗剤って必要ですか?ゼロベースで見直しています。

プラと生活 

いつも使う「石けん」「合成洗剤」。利用用途に応じて、たくさんありませんか?(石けんと合成洗剤の違いはこちらを参照ください:こんなに違う!「石けん」と「合成洗剤」

合成洗剤は、環境に負荷をかけるんです。おまけに、最近では、マイクロプラスチックが入っている場合が。そこで、私は徹底的に「脱合成洗剤」しました。

ただ最近、こんな考えが浮かんだのです。

「そもそも、石けんでゴシゴシ洗わないといけないかなぁ」「いつもじゃなくても、いいよね」

そこで、どこまで「脱石けん」できるか、試してみました。その結果をご紹介します。いろんな「脱石けん技」が身に付きましたよ。ぜひ試して、いろんな洗剤・石けんから解放されてくださいね!


以前使っていた石けん

石けんを使う所は、主に「台所」「洗面所・風呂」。それぞれで使っていた石けんをご紹介します。

台所で使っていた石けん類

台所で使っていたのは、この2種類。

  • 台所用固形せっけん
  • クレンザー

クレンザーには、いろんな種類があります。我が家にあったのは、ちょっとだけ石けんが入っているタイプ。シンクや鍋を磨くのに、使っていました。

洗面所・風呂で使っていた石けん類

ここに洗濯機も入れますよ。それぞれの場所で、こんな石けんを使っていました。

【洗面所】

  • 歯磨きペースト
  • 顔洗い石けん

【風呂】

  • 体洗い石けん
  • シャンプー
  • 風呂洗い石けん

【洗濯機】

  • 洗濯用粉石けん




これで全てです。そして、更にココから「ゼロベース」で見直しました。

「石けんを使う意味」を考えた

石けんを使うのは、油汚れを落とすためですよね。ある時「油って、汚れなの?」と思ったのが、脱石けんを考えるきっかけでした。

体の油は、必要だからある

たとえば、体。油で肌を潤して、柔軟に保っています。この油は、必要だから体が作っているもの。いわば、「できたて」「オーダーメイド」です。

それを、「毎日ごしごし洗って、いつ作られたのか分からない油を塗る必要があるのか?」と。

髪も毎日洗います。洗わないと、かゆくなるし、匂います。ただ、石けんで洗う必要があるのでしょうか。

髪先には、血管や神経が通っていません。紫外線や摩擦などのダメージを受けても、再生できません。だから、頭皮から油を出して、髪を保護しているのですよね。「そのバリアを生かす洗い方があるはず」と考えました。

台所の油汚れは、もっとカンタンに落ちる

台所が油で汚れるのは

  • 食品に脂が入っている
  • 調理に油を使う

からです。そして、油汚れには

  • 冷えると固まる
  • 時間がたつと酸化してネトネトする

という特徴があります。これを抑えれば、何とかできそうな気がしました。

見つけた代替案

そんなことを考えつつ、試行錯誤した結果、こんな代替策を見つけました。

歯磨きペースト不要の歯ブラシ

歯磨きには、このブラシを使っています。

ソラデーは歯磨きペースト不要の歯ブラシ。持ち手のところが、ちょっと金属むき出しになっています。そこを水で濡らし、もち手の下部に光を当てると、歯磨きペーストを使わなくても、歯がスベスベに!

ブラシ部分はナイロン製。ブラシが広がってきたら、70℃ぐらいのお湯ですすぎましょう。そうすれば、毛先が元通りになります。ナイロンには、高温で形状が戻る性質があるんです。殺菌も同時にできますよ。

顔は水で洗う

顔は、水で濡らし、手のひらで押さえ、もみもみすると、余計な油が浮いてきます。耳の後ろはゴシゴシしますが、石けんは不要です。

これだけで、汚れが洗い流せます。

最初のうちは、たまに石けん、化粧水を使っていました。ただ、徐々に減らして、2週間で石けん、化粧水とお別れ。今は「水でもみ洗い」のみです。最後に石けんを使ってから1年経過しましたが、お肌は健康そのものです。

体洗いは不要 頭もお湯で「もみ洗い」

体は洗わなくても匂いません。タモリさんが体を洗わないのは有名な話ですよね。

「身体を洗わない」タモリ式入浴法は正しい?専門家が答え - ライブドアニュース
「僕は身体も洗わない。髪の毛はシャンプーで洗いますが、身体は20年以上洗っていません。お風呂に入って流すだけ」【写真】生きていることが奇跡!窪塚洋介が転落した高さ26メートルの自宅マンション14日放送の『

これと同じ理由で、頭も石けんで洗わなくて良いんです。お湯で「もみ洗い」すれば、余計な油は落ちます。

この時、大切なのは「爪を立てないこと」。頭皮をお湯で十分に濡らした後、指の腹で頭皮をとらえ、マッサージするようにモミモミします。これを頭全体に。

5分以上はもみ続けます。ですから、ちょっとした二の腕トレーニングになりますよ。

すると、髪全体が油脂に包まれ、保護されるんです。洗いあがりは「ベタッとしている!」と感じる方もいるでしょう。ただ、水切れが早く、乾きあがりはしっとり(サラサラにはなりません)。

これを1年続けると、髪が芯から健康な状態になります。美容師さんが「ホント、キレイな髪ですね~」とため息をつくような髪になりました。


ただ、現在合成洗剤で洗っている方は、いきなりこれをすると悪影響が出るかも。「合成洗剤→石けん→もみ洗い」と、徐々に頭皮を慣らした方が良いかもしれませんね。

その時も「合成洗剤からいきなり石けんにするのではなく、2か月ぐらいかけて、徐々に変えていった方がよい」と言われています。ご自身の体質に合った方法で、切り替えてください!

洗濯、台所の油汚れは重曹で

洗濯も、軽い汚れなら重曹で十分です。

72リットルの水に、カップ1の重曹を入れます。

ものすごく汚いモノは、石けんで予洗い。汚れを浮かしてから、石けんを使って洗濯機で洗っています。その結果、洗濯石鹸の消費量が激減。重曹は25kgで4000円弱。圧倒的に低コストです。


おまけに重曹は台所でも大活躍。油汚れは、温かいうちに重曹をかけ、こすり落とします。五徳はステンレスの桶に入れ、重曹水でぐつぐつ煮れば、油汚れがキレイに。魚焼きは、水の代わりに重曹水を入れておくだけ。魚を焼くとき、重曹水が温められ、油汚れも浮いてきます。

そして、重曹はクレンザー代わりにも!ココでも石けん消費量は激減、クレンザーは使わなくなりました。

時間ができ、お金が貯まった

汚れの本質を見極め、自分に合った落とし方を見つけたら、洗剤が不要になり、石けん消費量が減りました。「ウチに石けんあったかな?」と在庫確認する頻度が減り、お金を使わなくなり、気持ちも楽になりました。

良い事だらけです。

世の中の人がみんな、こんな生活をしたら。シャンプーやリンスを作らなくてよくなるので、大きな工場が無くなるでしょう。省エネになります。電気消費量も減り、こんな節電要請もなくなりますよ。

電力需給ひっ迫に伴う節電のお願いについて|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社
プレスリリース

なぜなら、家庭部門の消費電力量は、20%もないからです。

資源エネルギー庁 第2部 エネルギー動向 第1章 国内エネルギー動向 第2節 部門別エネルギー消費の動向 【第212-2-1】最終エネルギー消費の構成比(2011年度) より 2022/5/16引用

本気で脱炭素をするのなら、政府、企業もゼロベースで見直してもらいたいです。そうすれば、あっという間に「2050年に脱炭素化」は達成できると思いますよ。

そして。ゼロベースで見直すと、環境にとっても、家計にとってもよい事だらけ。色々と値上がりが続きますが、根本的な見直しで、不要なモノを洗い出しましょう。「今まで、こんなに買わされていたのか…」びっくりするほど節約できますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました