【脱プラ無添加】自宅でホンモノの草もち!無添加・安心なレシピ

無水鍋ごはん

草もちは、カンタンに手作りできます。作った草もちは、よもぎのほろ苦い味がしますよ。そして、完全無添加。安心安全です。

採りたてのよもぎがある方も、ない方も。ちゃんと作れるように、作り方をご紹介します。

動画で確認したい方は、コチラをご覧ください。





これだけは必要

草もちを作るために、必要な原材料、道具をご紹介します。

原材料

おもち部分の原材料は

  1. もち米
  2. よもぎ
  3. でんぷん

よもぎは、新鮮なモノがないときは「乾燥よもぎ」が便利です。

【青森県産】よもぎパウダー (50g)【無添加、無着色】
青森県産のよもぎを100%使用しております。原材料名に炭酸水素ナトリウムの表記があります。これは、よもぎのアクを取り除くための重曹を指しております。




あん部分の原材料は

  1. あずき
  2. さとう

さとうは国産

塩は「海の恵みを凝縮したもの」をおすすめします。



そろえる道具

もちをつかなければいけないので、臼と杵が必要です。

家庭用 ミニ餅つき道具セットデラックス(teto118) オフィス木村it21
《商品説明》 ◎みかげ石の餅つき臼一升未満用 径30×高さ17.6センチ・穴径22センチ・重量約15キロ ◎キネ大、柄長66センチ ◎キネ小、柄長36センチ ◎四方枠のし板一升用30×45×枠高3.4センチ ◎臼用敷き板 ◎レシピDVD ◎一升用臼専用木台 約W上36/下42×D上36/下42×H32センチ ※大人気商...

ない方は、「餅つき機」をご用意ください。

みのる産業 つき姫 3合もちつき機 餅つき機 小型 アイボリーホワイト HS-037
年末やお祝いごとなど特別なときには、日本人は、自宅でおもちをついていました。 つきたてのおもちは、滑らかで、みずみずしく、柔らかで、日本人の原点といえる習慣の一つでした。 その味を、経験したことのない方にも、ぜひ味わっていただきたいという想いから、私たちは「つき姫」を開発しました。 おかげさまで、販売台数は22,000...

「つき姫」は、2リットルの電気ポットぐらいの大きさ。3合のもち米を、もちにするまで25分。蒸すだけもできるので、おこわ、ぼた餅にも便利です。

下準備

草もちを作るとき、この3点に注意してください。

新鮮よもぎは下準備が必要

よもぎを重曹でもみ、さっとゆでます。重曹の量は、お好みで。多くなると苦味がなくなります。だから、「ものすごく苦いよもぎが良い」のであれば、さっとお湯に通すだけでも大丈夫です。

ゆでた後、素早く水で冷やして色止め。水気をしぼり、細かく刻んでおきます。

「乾燥よもぎ」は、そのまま使えます。下準備は必要ありません。

もち米は十分に浸水する

もち米は、うるち米以上に水につける必要があります。「つき姫」を使う場合は、10時間以上つける必要が。

時間が短いと、米の硬さが残る、ぶつぶつしたもちになりますので、ご注意ください。

あずきも十分に浸水する

あずきの硬さにむらがあると、食感が悪くなります。粒が水で膨らみ切るまで浸水しましょう。

浸水時間は、季節と豆によります。

夏は腐るかもしれないので、冷蔵庫で浸水。24時間以上かかることもあります。冬場は室内で。新豆だと時間が短くて済みます。

作り方

「あん」「もち」の作り方を説明します。まずは、「あん」を作りますね。

あんの作り方

あんの作り方は、本当にカンタンです。

  1. 豆が柔らかくなるまで煮る
  2. 「美味しい」と感じるまで、さとうを入れる

これだけです。最後に塩を入れるのは、甘みが引き立つから。さとうが少なくて済むし、上品な甘みに仕上がります。

では、もっと詳しく説明しますよ。

豆が柔らかくなるまで煮る

十分に浸水した小豆を、鍋かフライパンで煮ます。水加減は、焦げない程度。豆が全部水に浸っていれば大丈夫です。

豆が柔らかくなる前に水がなくなりそうなら、足します。逆に多すぎたら、煮詰めれば大丈夫。

そして出来たのがコチラ

豆が全部同じ色ですよね。固そうなのを、つぶしてみてください。ホロっとつぶれればOKです。

「美味しい」と感じるまで、さとうを入れる

さとうの量は、本当に適当です。ただ、使ったあずきの重さぐらいは入れます。

さとうを入れると水っぽくなります。弱火で焦げ付かないように混ぜ続け、水気が飛べば出来上がりです。

最後に塩を一つまみ入れると、甘さが際立ちます。塩を入れた後、さとうを入れても甘さが変わりませんので、ご注意ください。

出来たあんは、丸めておく

あんは、もちに入れる大きさに丸めます。

これで、あんの準備が終わりました。

草もちをつく

つき姫を使って、もちをつきます。つき姫の説明書通りなのですが、ここでもザックリご紹介します。

もち米を蒸らす

つき姫に水を入れ、うち窯をセットしたら、十分に浸水したもち米を入れ、ふたをします。

ボタンを押して15分で蒸しあがります。

もちをつく

もちをつくとき、「細かく刻んだゆでよもぎ」を振りかけます。

「乾燥よもぎ」の場合は、飛び散るのを防ぐため、振りかけた後に霧吹きで湿らせてください。

最初はまったく混ざりませんが、

だんだん、おもちになっていくと、
色が変わって……
まな板の上のでんぷんに、つき上がったもちをのせて

つき上がって、ちょっと冷えたら、きれいな色になります。

おもちにあんを入れる

さぁ、つきたてのもちに、あんを入れます。熱いうちに包みますよ。

でんぷんを振りかけて、手につかないようにします。

おもちをちぎって広げて

丸めたあんをのせ

適当に丸めれば

すべて国産、安心安全「草もち」の出来上がりです。



手作りは無添加。硬くなったら焼いて美味しく頂きましょう。ただ、あんが大変傷みやすいので、「作ったら、その日のうちに全部食べる」のがおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました