【無水鍋でパンを焼く】今まで焼いたパンをまとめました

無水鍋ごはん

毎週のように、無水鍋でパンを焼いています。「冷蔵庫の残り物で」「季節を考えて」……気が付いたら、色んなパンを焼いていました。

「どんなパンを焼いてきたか」……その一部を、ココでご紹介します。

読んでいただければ、「いい加減でいいんだ~」「手軽に焼けるのね」というのが分かるはず。たしかに、手順はありますよ。けどね、それだけ守ればいいんです。


パンを焼くのに最も大切な「基本の白パン」、オーブン代わりの「無水鍋情報」は、一番最後にご紹介しています。週末は、自由にパンを作ってみませんか?



甘いパン部門

甘いパン、いろいろあります。その時々の素材で、いろんなパンを焼いていますよ~。

あんパン

甘いパンと言えば「あんパン」

あんも手作り。小豆、金時、花豆を使ってくださいね。

  • 豆を24時間ぐらい水に浸す
  • 弱火でコトコト煮る
  • すべての豆が柔らかくなったら、自分の好みで砂糖を投入
  • 焦げ付かないように、好きな固さまで水分を飛ばす

最後に、入れたければ塩を一つまみ。それで完成です。

つきっきりなのは最後だけ。あとは基本、放置です。想像すると難しそうなことでも、やってみると意外とカンタン。一度作ってみませんか?

メロンパン

メロンパンは、線を引いていません。グラニュー糖も振りかけていません。

レモンを入れた、甘い生地で包んでいます。中はこんな感じ。

手作りの「りんごと梅ジャム」が入っています。これは「おもし」。無水鍋で焼くとき、ひっくり返すんですけどね。その時、ちょっと重いモノを入れておくと、縦長になってくれるのですよ。

このパンではこうやって、メロンパンの甘い生地が密着するのを防いでいます。


マリトッツォ

まん丸のパンも焼けますよ。

丸いパンを焼きたいときは、クッキングペーパーで筒を作り、そこに生地を入れて焼くと丸くなります。

マリトッツォ用パン 焼く前
二次発酵前。こんな感じで生地を置く。

どんな形も、工夫次第です。


シナモンロール

無水鍋を使うと、大きな丸いパンが焼きあがります。その特徴を利用すると、こんなパンも焼けますよ。

これ、結構な「迫力」「食べ応え」。なのに、「310円」で出来るんです!

詳しくはコチラ

市販品だと、小さくても結構なお値段ですけどね。

さらに、自宅にある食材って「シナモンロールのためだけに」買わないじゃないですか。「色んな料理に使う一環」ですよね。

そういう視点で見ると、大袋で一括購入できる手作りは、「エコでお得」です。

しょっぱいパン

しょっぱいパンも美味しいですよね。ハムやサラミが余った時に焼きます。

サラミチーズパン

これは、正月に買った酒のつまみが余ったので焼きました。

明石農園の小麦粉で焼いているので、若干色がついています。

切ったパンの写真を撮っていないんですよ……。ごめんなさい。けれども、とても美味しかったです!

ソーセージチーズパン

弁当のおかずに買っていたソーセージ。賞味期限が切れそうなときには、パンに入れます。

長細くしたいから、放射線状に並べました

切ると、こんな感じ。

ケチャップを入れたら、もっとかわいかったかも。

驚異のふくらみ「カレーパン」

パンを焼くとき、酵母の働きはとても重要です。手触り、食感を左右しますからね。「麦芽糖」は、微生物のごちそう。入れるとふくらみが変わります。

今回は、すべて国産高橋孫左衛門商店の「粟飴」を入れて、カレーパンを焼いてみました。

ふっくらもちもち

色んな麦芽糖、水飴、モルトを使いましたが、粟飴は、全く別物。驚異のふくらみ方です。国産酵母の好みにぴったりなのかもしれません。

さらに、ココで使った小麦粉が明石農園 農家の小麦粉」

明石農園の小麦粉
無肥料自然栽培

残留農薬ゼロ。国産イースト、粟飴と相性が抜群です。

断面を見てみましょう。

きめ細やかな発泡、それぞれがしっかりしているので、触ると「もっちり、ふわふわ」

ちなみに、中に入れたカレーは、ちょっぴり残ったカレーに、豆腐作りで出来たおからを入れています。

甘くてしょっぱいパンも⁉

どんなおかずも「パンの具材」になってしまいます。

かぼちゃコロッケパン

有機栽培のかぼちゃは、1つ丸ごと購入します。「煮物→潰してコロッケ→パンの具材」という流れで、コロッケパンを作りました。

実は、かわいく焼きたくて、無水鍋を使っていません!オーブンで焼きました。けれども、無水鍋でも焼けますよ。

チーズあんパン

チーズあんパンに使うチーズは「クリームチーズ」。ホワイトソースを作るのが面倒なので、いつもクリームチーズを溶かして使います。ただ、クリームチーズは冷凍保存できないし、長期間冷蔵するとカビます。

だから、余った時にはパンの具材に。

無水鍋でパンを焼くとき、ふたを下にして10分焼く必要があります。その時、具材が重いと破けてしまうのです。チーズあんは重かったみたいで、破けてしまいました。

切ったらこんな感じです。

四角く切ったクリームチーズを、あんで包んでいます。

どこから食べても「あんの甘さ」「チーズのしょっぱさ」を味わうことが出来ます。これも、あっという間に家族の胃袋へ~。

みんなが食べてくれるからこそ、毎週頑張ってパンを焼けるのです。

食パン

無水鍋で、食パンも焼けますよ。

食パンには、型が必要です。

これは、冨澤商店で購入した、千代田金属工業の食パン型です。

残念ながら、全く同じものはネットで発見できませんでしたが、ブリキのシリコンコーティングは見つかりました。

画像にあるような、シリコンコーティングをおすすめします。焼きムラなく、ふっくら焼けます。フッ素加工はすぐ剥げますし、有毒ガスが出る可能性があります。

その他にも、いろんな問題を指摘されています。ご注意ください!


全粒粉食パン

高橋孫左衛門の粟飴と、明石農園の小麦粉を使うと、全粒粉パンでもふっくら柔らか。

ふっかふか

やはり、「昔からの製法を守る麦芽糖」と、「固定種・無肥料自然栽培小麦」は相性が良いみたいです。

抹茶入り食パン

これは、市販の小麦粉で焼いた抹茶入りパン。

もっとくるくる巻かないと、キレイにならないと分かりました。また挑戦します。



【カンタン】白パンの作り方

すべてのモトになる「白パンの作り方」はコチラで詳しく紹介しています。

これが焼ければ、どんなパンでも焼けます。


【ちょっと手間だけど】ふっくらパン

「手間がかかってもいいから、ふっくらパンを焼きたい」という方は、先ほどの「無水鍋で焼く 食パン」の焼き方をお試しください。

ただ、型を使うかどうかによって、焼き方がちょっと変わりますよ。そこら辺も含め、次に詳しくご説明します。

材料

  • 強力粉:500g

国産小麦粉は「ふるさと納税の返礼品」で入手しましょう。酵母は菌ですから、農薬が残っていると影響があるかも。だから、「有機小麦」おススメです。

  • 砂糖:60g

砂糖も色々あるんです。遺伝子組換えじゃないものを入手しましょう。

  • 塩:8g

塩はイオン交換膜不使用の、海水を煮詰めたものが旨い!

  • バター:40g
森永 無塩 バター 450g
入荷困難中の為、順番に出荷致します。 ご理解をよろしくお願い申し上げます。

近所の業務用スーパーに行けば、これが安く入手可能かも⁉

  • 酵母:10g
ニッテン とかち野酵母インスタント / 100g 富澤商店
【冷蔵便でのお届けとなります】予備発酵不要なインスタントタイプです。エゾヤマザクラのさくらんぼから生まれた北海道十勝産の酵母です。食パンから菓子パンまで幅広く使えます。(1箱(5g×6袋))

この酵母、焼き上がりの香りが甘くて好きなんです。

  • 高橋孫左衛門の粟飴:ひとすくい

これは、完全国産の水飴。酵母のご飯です。 パンのふくらみ方が、変わりますよ!


作り方

「型を使わないとき」は、この方法で。

  1. 40℃のお湯360mlに、高橋孫左衛門商店の粟飴をとかす。
  2. 1に酵母を入れ、5分ぐらい置く。ぷつぷつ泡立ったら使用可能。 (本当はしなくてもよいのですが、ふっくらさせるために毎度「目覚ましの儀式」をします。 )
  3. 無水鍋に強力粉、砂糖を入れて、2を加え、まとめる。
  4. 3にバター、塩を入れ、15分こねる。生地がしっとりして、もっちもちになればOK。
  5. 無水鍋に入れて、一次発酵。熱湯入りのヤカンを上に乗せ、40℃を維持する(今回は1時間静置)。
  6. 膨らんだ生地をつぶし、好きな形に丸め、無水鍋に並べる。
  7. 二次発酵させる。熱湯入りのヤカンを上に乗せ、40℃を維持する(今回は45分静置)。
  8. 弱火で20分加熱。その後、無水鍋をひっくり返して、弱火で10分加熱。
  9. 火を止め、20分蒸らして出来上がり。


「型を使う時」は、6と8をコチラに置き換えてください。

6.膨らんだ生地をつぶし、丸め、型に入れる。

8.十分にふくらんだら、弱火で40分加熱。こんがりしたのがよければ、延長してください。

無水鍋の選び方

私が使っている鍋は、直径30cmの「ピースター鍋」

手作り料理を応援します | 関西軽金属工業 | NabeStore・ピースター
日本のキッチンを極める。私たちはキッチンにおけるライフスタイルそのものを想像し、日本で一番たくさんの「ありがとう」を頂ける企業を目指します。 関西軽金属工業株式会社は60年の伝統で、丈夫で長持ち、極厚のアルミ鋳物鍋で手作り料理を応援します。

残念ながら、今は作られていないみたいです。



実は、「無水鍋」というのは「HAL ムスイ」の登録商標。ピースター鍋には使っちゃいけないんですね。

無水鍋®のHALムスイ ~お台所から始まる幸せの物語~
炊く、蒸す、煮る、茹でる、焼く、炒める、揚げる、オーブン代わりの天火調理…と、ひとつで8通りの使い方ができる当社の無水鍋。無水鍋でひろがる料理の楽しみ、うまみを引き出す無水鍋をぜひご堪能ください。

けれども、子どものころから「無水鍋」で慣れ親しんできたので、これからも「無水鍋」と呼ばせてください!

現在販売されている無水鍋は、直径24cmが最大です。

なので、ココでご紹介している大きさにはなりません。

あと、無水鍋っぽい他社製品で「フッ素加工」の製品があります。あれだと、焼くときに鍋をひっくり返せないので、おススメできません。

そして、フッ素加工には色々問題がありますから

こういう問題がない、「無水鍋」をおススメします。


パンだけじゃない。無水鍋で作る料理、お菓子

無水鍋で作れるのは、パンだけではありません。

タルト、クッキー、ホイル焼……。脱プラ非家電料理はコチラにまとめています。

無水鍋ごはん

プラスチック製品と電気はとても仲良し。脱プラするためには、家電製品を使わないのが近道でした。これから石油に頼れなくなります。薪ストーブを使うのなら、そこで料理をすれば一石二鳥!ここではガスを使って加熱調理する方法をご紹介します。


お手入れ方法

無水鍋や調理道具のお手入れ方法はコチラをご覧ください。

上手に使えば、100年使えますよ。これこそ、環境にやさしくて、エコじゃないですか?

見た目の値段にとらわれず、想いをのせて大事に使って、レシピと鍋を次世代に引き継いでくださいね。



コメント

タイトルとURLをコピーしました