【ほぼ国産】浪速のおかき屋やまだ、こだわりと自信をご紹介

やまだおかきの商品一覧本物の食物

身近なお菓子は、安心・安全・無添加がいいですよね。ただ、スーパーでは国産で無添加のお菓子はあまり見かけません。

今回は、できるだけ国産にこだわる「浪速のおかき屋 やまだ」と、そのこだわりっぷりをご紹介します。

  • 国産のお米だと、味をつけなくてもほんのり甘い
  • 国産エビや柚子の香りが効果的
  • チョコとアーモンド以外は国産では?
  • 原材料に自信があるから店内で販売

お取り寄せも可能、期間限定品もあります。ぜひ、お気に入りの一品を見つけてください!


_____

浪速のおかき屋 やまだ とは?

「浪速のおかき屋 やまだ」は、大正3年創業。国産、無添加(化学調味料・着色料)にこだわっています。

浪速のおかき屋 やまだHPより 2022/1/15引用

大手ネットショップでは、Yahooと楽天で取り扱いがあります。

ここのおかきには、どのような材料が使われているのでしょう。詳しくご紹介します。

こだわりっぷり

ここのホームページを見ても、原材料へのこだわりが、あっさりとしか説明されていません。

浪速のおかき屋 やまだHPより 2022/1/15引用

いやいや、こんなものではないのです。客目線で、やまだのこだわりを見ていきますよ。

日本の米100%

日本の米100%のおかきは、あまりありません。スーパーに行って、せんべい売り場を見てください。「国産米コーナー」と、わざわざ宣伝しているところもあります。そのぐらい、付加価値があるのです。

やまだのおかきは、国産米しか使っていません。

そして、おかきの味付けに使っているものも、極力国産にこだわっています。

化学調味料、着色料無添加

おかきの裏を見ると

これは「味わい いろいろ 割れおかき」の原材料名。いろんなおかきが入っていますから、やまだおかきの原材料を一度に見ることができます(全種類ではないですが)。

スラッシュ(/)の後に「加工澱粉」しか記載がありません。添加物がこれだけ、という証拠です。

けれども、しょう油、マヨネーズ、ジュースなどに添加物が入っているのでは?と考える方もいらっしゃると思います。

では、おかきに使われている調味料の原材料を見ていきましょう。

原材料を販売中

やまだでは、自社おかきで使っている材料を、オンラインショップ、自社内で販売しています。その中には、一般的には化学調味料がたくさん入っているモノも。そんな調味料の原材料を、詳しく見てみましょう。 

マヨネーズ

丸和産業のラッキーマヨネーズは無添加です。

ラッキーマヨネーズ【200gチューブ】 - 丸和油脂オンラインショップ
デキシークリーム製品やマヨネーズ・マーガリン・ドレッシング等の販売。




いいだしおだし

ヤマミ醸造のいいだしおだしは無添加です。

おまけに、この会社は自社サイトがちょっと変わっていて……

業務用たれOEM工場でヤマミ醸造が業務用調味料を委託製造します。
業務用たれの委託製造はヤマミ醸造にお任せ!業務用焼肉のタレ・唐揚げのタレ等の業務用調味料製造メーカーです。飲食店、スーパー、食品メーカー等の業務用たれをOEM受託製造します!

大口のお客さんに特化しています。「小売りはネットショップ任せたよ」という姿勢に、職人気質を感じました。

こめ油

やまだで使っている「こめ油」は国産です。

こめ油 – 築野食品工業株式会社|公式企業サイト
ライスケミカルのパイオニア、築野食品工業株式会社のオフィシャルサイト。築野グループは「米糠(米ぬか)」の無限の可能性に着目し、こめ油をはじめ様々な幅広い商品を開発・製造しております。

築野食品も、日本のお米に大変こだわりを持っている会社。日々「安心」「安全」「環境負荷低減」に取り組んでいるのが分かります。

築野グループについて – 築野食品工業株式会社|公式企業サイト
築野グループについての記事一覧




________

そういう、強いこだわりを持った会社の結晶が、「やまだのおかき」なのです。多分、原材料で国産じゃないのは、アーモンドとチョコレートぐらいでは。興味のある方は、お店に問い合わせてみてください。

では、そのおかきのお味は?詳しく説明します。

食べてみた

実は、表紙にあるおかき以外にも食べています。それがコチラ。

割れたんねん

食べた後です。すみません……

これは、歌舞伎揚げのようなおかき「割れたんねん」。

サクサクだけどしっとり。甘いおかきです。化学調味料が入っいないので、あっさりした味付けで、いくらでも食べれてしまいそう……。

季節限定「きなこあられ」

これは9月下旬~4月下旬の季節限定品。

「きな粉味のひなあられ」という食感です。とても細かい粒子のきな粉が、サクッサクのあられを包んでいます。きな粉なのに、なぜかチョコレートのような口どけ。今まで食べたことがありません。とても斬新、おすすめです。



落花生も国産「ピーつくね」

このピーつくね、原材料名が

米より、砂糖より、ピーナツが一番使用されています。

食べると、ゴリゴリという歯応え。香ばしいピーナツの風味が口の中に広がり、うま味が追いかけてきて……そんなに甘くないのがうれしいです。



色んなおかきを食べましたが、どれも食べた後のどが乾きません。そして、いくらでも食べられそうでも、すぐお腹いっぱいになってしまうのです。


ちなみに、化学調味料を使うと無限に食べれてしまいます。

「無限ピーマン」の発信者をたどって… 最新型は丸ごとレンジへ:朝日新聞デジタル
 「無限キャベツ」に「無限モヤシ」……。「おいしくて無限に食べられる」ことを想起させ、レシピ名としてすっかりおなじみになった「無限○○」。 その「元祖」として思い浮かぶのは、やはり「無限ピーマン」だ。…

「顆粒ダシのコク」で、味を一色に染めてしまうからです。人間は生存本能で、うまいと感じたものをたくさん食べてしまいます。そして、それをまた食べたくなってしまい……「リピーターの出来上がり」です。

おかきを自分で作りたい方はコチラ

実は、おかきは手作りできますよ。

手作りおかきは、原材料がもち米のみ。お米の甘みだけなのですが、香ばしくてとてもおいしいのです。

興味のある方は、一度作ってみてください!



_____

コメント

タイトルとURLをコピーしました