【無添加】鶏ガラ鍋スープと肉まんを、一気に作る高コスパレシピ

無水鍋ごはん

「鶏ガラ」安いですよね。骨の周りの肉って、濃厚な味でおいしいんです。だから、

  • 骨から、だしを取る
  • 骨についている肉で、肉まんを作る

が、「カンタン」「お得」にできてしまうのです。その方法を、詳しくご紹介します。寒い日に試してください。鍋も、肉まんも、とても美味しく出来上がりますよ。



動画は、コチラをどうぞ



鶏ガラスープの取り方

まず、鶏ガラは、広々としたところで飼われている、元気な鶏が理想です。


有機 オーガニック チキン 冷凍 鶏ガラ ニュージーランド産 高品質 フリーレンジ 放牧 鶏肉 平飼い 安全 新鮮 新鮮 500gx3パック 合計1.5kg 送料無料

エサなどに配慮している生協で取り扱いがあれば、そこで頼むのが良いのでは。他の商品と一緒に届けば、送料もかかりません。

「鶏ガラ」といっても、本当に骨ばかりだったり、かなり肉がついていたり……。肉まんの肉を確保できるかどうか、手に取って確かめてみないと分かりません。色々試してみてください!

よく洗う

鶏ガラに血が付いていると、スープに雑味が残ります。血や内臓が残っている場合は、キレイに取り除きます。

水から煮込む

きれいになった鶏ガラを、大きい鍋に入れ、水から煮込みます。

沸騰したらアクが出てきます。お玉できれいにすくい取ってください。すると、雑味のない、透明なスープに仕上がります。

冷めるまで待つ

冷めると、固まった油が浮きます。きれいに取り除きましょう。これで、スープから臭みが取れます。

固まらない場合は、冷蔵庫で一晩冷やせば大丈夫。油だけ固まります。

骨を取り出す

そっと骨を取り出します。残ったスープの上澄みが「鶏ガラスープ」。このスープをそのまま鍋に使います。締めのラーメンがホント、美味しくなりますよ。


下には、細かな骨が沈んでいます。ただ、大きな肉が落ちている場合も。これは、肉まんの具に使いましょう。


肉まんの作り方

肉まんの「具」「生地」の作り方を、それぞれご紹介します。

肉まんの具を作る

まずは、鶏ガラスープを取った後の骨から、具を作ります。

  • 鶏ガラの肉
  • きんぴら
  • 小ねぎ
  • しょう油
  • こしょう

使うモノはこれだけです。

きんぴらは「常備菜のきんぴら」を刻んで入れました。あとは、色と甘味を付けるため、小ねぎを2本。

しょう油とこしょうで味を調えます。水分が飛ぶまで煮れば出来上がりです。

生地を作る

使う材料は

  1. 小麦粉:300g
  2. さとう:10g
  3. 40℃のお湯:180ml
  4. 高橋孫左衛門商店の粟飴:ひとすくい
  5. イースト:5g
  6. 塩:2.5g

作り方は、一次発酵終了まではパンと一緒。ご存知の方は「具を入れて成型から読んでください。

では、詳しくご紹介します。

小麦粉、さとうを無水鍋に入れる

小麦粉、さとうは、無水鍋に入れます。今回使った小麦粉は、明石農園の小麦粉。

明石農園の小麦粉

この小麦粉は、無肥料自然栽培。イーストと相性抜群です。

イースト入り粟飴水を作る

40℃のお湯に、「高橋孫左衛門商店の粟飴」を入れ、溶かしておきます。これは、イーストのエサ。本当によく膨らむんですよ。

完全に溶けたら、イーストを入れ、よく混ぜます。

イーストが大好きな、「明石農園の小麦粉」「高橋孫左衛門商店の粟飴」で、フカフカに膨らむ生地を作ります。この組み合わせ、パンでも威力を発揮。ものすごく膨らみますよ。




無水鍋に、イースト入り粟飴水を入れる

無水鍋にイースト入り粟飴水を入れ、まとまるまでこねます。

塩を入れる

まとまったところで、塩を入れます。

塩はイーストの働きを悪くします。ただ、入れないと味にしまりが出ません。そこで、ある程度イーストが落ち着いてから、生地に塩を入れるのです。

それから、生地に光沢が出るまでこねます。

一次発酵(40分ぐらい)

生地がなめらかになり光沢が出たら、一次発酵をします。

ヤカンにお湯を沸かして、無水鍋に乗せ、防寒シートでくるみます。

おかき乾燥中

このシート、防災リュックに入っていませんか?もったいないから、普段から使いましょう。

40分ぐらいで一次発酵が終わります。

具を入れて成型

一次発酵が終わった生地の空気を抜き、小分けにします。

クッキングペーパーを小さく切っておきます。

生地を広げて、具をつめて、クッキングペーパーに乗せますよ。

では、生地を広げて、具をのせて……

親指で具を中に押し込みながら、口を閉じていきます。

最後、ちょっとしぼって完全に封じたら

肉まんの成型が終わりました。

これを、小さく切ったクッキングペーパーにのせ、二次発酵させます。

二次発酵

今回は蒸し網にのせ、電子レンジに熱湯入りのマグカップを置き、40℃をキープ。そのまま40分おきます。

これが、二次発酵後の肉まんです。

ちょっと膨らんでいるのが、分かりますか?

強火で15分蒸す

蒸し網を蒸し器に入れ、強火で15分蒸します。

パンパンに膨らんでいます。アツアツのうちに、割ってみますよ。

ふっかふかです。そして、骨から出たダシが具に染みて、とても美味しかったです。


コツをつかめば、だれでも作れます

こんな感じで、コツをつかめば、料理はだれでもつくれます。これ、コショウ以外は国産。完全無添加ですよ。

市販の冷凍肉まんの原材料名、見てください。

  • チキンパウダー
  • クエン酸等
  • カラメル色素
  • 酵母エキス

チルドになると、こんなものも加わります。

  • 乳化剤
  • ガゼインNa
  • 酸化防止剤

自分で作れば「うま味を足すモノ」「色を付けるモノ」「保存料」は、いらないんです。原材料を使って、ご自宅で手作りしてみませんか?冷蔵庫にある物が片付き、食費も浮きますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました