【きんぴらからの…】鮭のホイル焼き ならぬ 無水鍋焼き

無水鍋ごはん

【使いまわし常備菜】きんぴらを使ってメインディッシュをつくります。

大人が仕込みをすれば、子どもでも調理可能です。

  1. 前の晩、大人が無水鍋に仕込んで冷蔵庫で保管
  2. 子どもに「明日の夕方5時に冷蔵庫から取り出して、弱火にかけておいて」と伝言
  3. 子どもが火にかけてくれれば、5時40分には出来上がり

一度一緒に練習すれば大丈夫。学校で調理実習をしている子どもであれば、自分で火にかけられます。

我が家では「5時に無水鍋を火にかける」というプレートを作製。子どもが好きな所に置いています。

……たまに子どもがすっかり忘れていることもあるし、火加減を間違える時もあります。

けれども、それも経験。

晩御飯が遅れたり、焦げてまずくなったりします。すると「自分が晩御飯を作っているんだ」「重要な役割なんだ」と自覚します。

食育にも役立つ無水鍋調理。ぜひご活用ください!

無水鍋のフタを下にして使う

ひっくり返した状態で調理します。このまま食卓に出します。洗い物も減って一石二鳥。

使うモノは・・・

 人数分

玉ねぎ 適量 薄切りにします

きんぴら 適量

野菜(必要なら。冷蔵庫にあるモノで十分)

無水鍋のフタに油をぬる

焦げ付きを防ぎます。

玉ねぎを置く

この時、一つ目の玉ねぎで油をフタ全体に塗ります。それから、全体的に玉ねぎを敷き詰めます。これで魚がフタに焦げ付くのを防ぎます。クッキングペーパーを敷いてもよいのですが、使い捨ては資源のムダ使いですから。

魚を置く

今回は鮭です。さば、たら……ホイル焼きできる魚なら合います。

きんぴらを上に置く

きんぴらは火が通っていますから温まればOK。魚に火が通れば、その下にある玉ねぎにも火が通っています。

弱火で 良い香りがするまで加熱する

火が大きいと、玉ねぎが焦げます。まぁ、それもおいしいですけどね。

弱火でじっくり焼いてください。

最初は生玉ねぎの香りがします。そのうち、香ばしさが出てきます。生っぽい玉ねぎの香りが、トロッとした香りに変化して、鮭と甘い玉ねぎの香りになります。

そうすれば、火を消しても大丈夫。余熱で火が通ります。火が通り過ぎた場合は、すぐふたを開けてください。

出来上がり

鮭の無水鍋焼きの出来上がりです。

そのまま食卓に出しても大丈夫。

熱いので気を付けてください。鍋敷を忘れないでくださいね~

・・・・・・・・・・

肉でもOK。彩が欲しければピーマン、パプリカなどを乗せて。プチトマトと鶏肉でも美味しいです。旬の食材を組み合わせてお楽しみください。


ココで使った調理器具

詳しいことはコチラをご覧ください。

__________

コメント

タイトルとURLをコピーしました