【超カンタン】原材料はもち米だけ⁉「おかきせんべい」はヘルシー

手作りおかき無水鍋ごはん

お餅をついて乾燥させ、焼いてみました。油はカロリーが気になるので、「焼いてもおいしいかな」と思って。

それが、作ってみたらカンタンでとても美味!その作り方を、ここで詳しくご紹介します。せんべい作りに必要な「ほいろ」という工程も、詳しく説明しています。

いつも食べるお菓子、「太る」「添加物いっぱい」「プラスチックごみが出る」……どうにかならないかなぁ、と思っていたので、これはうれしい発見!

健康的でおいしい「家庭の味」を、ぜひ作ってみてください。


_____

材料はもち米だけ

表紙になっている「おかきせんべい」。原材料はもち米だけです。

お餅のように、砂糖としょう油を塗って食べてもおいしいですよ。けれども、そのまま食べても、もち米の甘さに、おこげの香ばしさが加わり、やみつきになります。

では、「おかきせんべい」の作り方をご紹介しましょう。

作り方はカンタン

「餅つき機」か、「臼と杵」を用意してください。すみません。自宅でお餅をつかないといけないのです。

もし、餅つき機を購入されるのであれば、コチラがおすすめ。

「つき姫」は、もち米3合の「蒸す」「搗く」を25分でしてくれます。「蒸す」だけも可能なので、ぼたもち、おこわつくりにも使えます。

家電製品は増やしたくないし、電気も使いたくありません。しかし、都会のマンション暮らしで臼と杵は……こればかりは仕方ありませんでした。

作り方はコチラ

餅をつく

お餅をついて、小分けせず、ひと固まりにしたまま冷やします。

「つき姫」には専用パッドがついているので、私はそれを使いました。片栗粉をまぶして、お盆の上で休ませてもOK。ただ、切らないといけないので、丸くすると大変です。

下の写真のように、板状だと作業が楽に進みます。

冷やして固める

包丁でサクサク切れるぐらいまで冷やします。これを、「できるだけ均等に」「薄く」切り分けます。

薄切りにする

同じ厚さに切らないと、乾き方にむらが出ます。そのむらが、せんべいを固くしたり、こげさせる原因になるのです。だから、できるだけ同じ厚さに……でも、私には無理です、ごめんなさい。

そんな時は、棒でのばしたり……

パスタマシーンで薄くします。




ちなみに、このパスタマシーンは餃子の皮を作ったり、うどんを打つときに使います。

今回もキレイにのばしてくれました。とても便利です。

このパスタマシーンは「MARCATO 家庭用パスタマシン アトラス150 ウェルネ」というモノ。「 アトラス150 」だけならもっと安価であるのですが、

「飯田屋」でウェルネをおすすめしていたので、そちらを購入しました。使えないパスタマシーンもたくさん流通しているので、ご購入されるのであれば、じっくり検討した方が良いと思います。

ちなみに、飯田屋がどんなお店なのか、ご存じない方はこちらをご一読ください。



乾かす

日当たりの良い所で乾かします。

手前の餅が、「パスタマシーンでのばしたモノ」、奥のが「包丁で切っただけのモノ」です。

乾燥していれば、1日で干しあがります。

ここで干しすぎてしまうと、餅がひび割れます。ひび割れても食べられますが、焼くのが大変。干しすぎに注意しましょう。

ちなみに、長期保存したい場合は、ここで保存します。けれども、できるだけ早くお召し上がりくださいね。

焼く前に、ひと手間「ほいろ」

焼く前に、乾かした餅の中心部までカラッカラに乾燥させるために、50℃ぐらいの環境で3時間ほど放置します。それを、「ほいろ」というそうです。

電気オーブンを使えばよいのでしょうが、電気は使いたくありません。そこで私は……

乾かした餅をザルに入れ、無水鍋にセット

無水鍋に、お湯を沸かしたヤカンをのせて、保温します。

人口衛星みたい

このシート、防災グッズに入っていませんか?

防災リュックから取り出して、普段から使っちゃいましょう。こうすれば、電気オーブンを使わなくても大丈夫。ちなみに、私はパンを焼くときも、こうやって発酵させています。



焼き網で焼く

乾いたら、焼き網で焼きます。

方向を変えながら、全体的にこんがり焼き上げます。厚みがあるところは膨れます。そんな所も、サクサクしていてとても美味しいですよ。

ちなみに、焼き網にはフッ素樹脂加工が施されていることがほとんどです。

フッ素樹脂は加熱すると有毒ガスを出しますから、「フッ素樹脂が使われていないもの」をおすすめします。

セラミック焼網 大
遠赤外線効果でまろやかに焼ける、セラミック焼き網 日本製

この焼き網にフッ素加工は施されていません。


節約、脱プラ、健康的……昔のお菓子は素晴らしい

昔ながらの食べ物を、本来の方法で作ると、本当においしいモノが出来上がります。

今回の「おかきせんべい」もそう、体がホッとする味がするのです。ただ、24時間たつと湿気ってしまいます。おまけに、自然乾燥させられるのは、寒い間だけ。暑いと腐ります。

気候危機の境目は、それを「不便、面倒」と思うか、「旬で粋」と捉えるか、だと思うのです。はたして、24時間365日、世界中どこでも同じ味が楽しめるのが、豊かな生活なのでしょうか。

米には味があります。せんべいは、作り方次第では焦げたり生焼けだったりします。けれども、親しい人が作れば、それが「愛嬌」になるのです。

食べ物には体の栄養だけではなく、心の栄養も含まれます。食べる人を思い描きながら、心を込めて作る「食べ物」こそ「食べるべきもの」だと、私は思っています。

これからも、そんな食べ物を作って、美味しく出来たらココでご紹介しますよ。せっかく食べるご飯ですから。おいしいモノを楽しく食べましょうね!




なお、ここで使用した基本的な調理器具の手入れ方法はコチラにまとめています。

_____

コメント

タイトルとURLをコピーしました